ちとから散策

京王線、千歳烏山をテクテク歩いてみました

蘆花恒春園 徳富蘆花旧邸 

北風の吹く寒い朝が続いています。
今朝の芦花公園も刺すような北風が吹いていました。
芦花公園①
蘆花恒春園 徳富蘆花旧邸 母屋

芦花公園②

芦花公園③


芦花公園④
蘆花恒春園 徳富蘆花旧邸 梅花書屋

芦花公園⑤


芦花公園⑥
向かって右側 蘆花恒春園 徳富蘆花旧邸 梅花書屋
向かって左側 蘆花恒春園 徳富蘆花旧邸 秋水書院

秋水書院は少し前から、茅葺屋根を葺き直し工事中

芦花公園⑦

内部の紹介はまた別の機会にさせて頂きます。

芦花公園⑧
芦花公園の梅は、もう咲き始めています。

芦花公園⑨

関連記事はこちら  

PageTop

新しいビルが完成ししました。

      烏山区民センター西側の西友の在る通りに、新しいビルが完成しました。

              IMG_6173.jpg

    元は平屋建ての花屋さんが在った場所に、9階建てのビルが建ったようです。

              IMG_6174.jpg

1階は店舗。 2階~4階は賃貸なのか店舗・事務所なのかよくわかりません。 恐らく4階以上は賃貸だと思います。

目立つ場所の建物なので、低層部のデザインは、もうちょっと頑張ってほしかったですね。

PageTop

烏山第一団地後、工事計画が発表に!!

残っていた解体工事が完了し、団地跡地に何が建つのか気になっていましたが、先日、ついに、建築計画を知らせる、お知らせ看板が設置されました。

  烏山第一団地工事開始①
事業者は、噂通り セコムホームライフ株式会社 と、三菱地所レジデンス株式会社でした。

  烏山第一団地工事開始②
 今まで2階建てしか建っていなかったところに、10階建てのマンションを建てるとは!!

  烏山第一団地工事開始④
建物の高さもさることながら、同じセコムが建てたグローリオ蘆花公園のように、セキュリティーを前面に押し出したいが為か、敷地を地域から完全に隔離してしまい、まるで陸の孤島刑務所の様な地域を作ってしまいました。
近隣の住民の不評を買ってもめただけでなく、利益の為なら、地域のコミュニティーを破壊することなど、全く意に介さないと言う、企業のエゴを見せ付けられた思いでした。
このような、地元との軋轢が原因か如何かは定かではありませんが、グローリオ蘆花公園では、多くの売れ残りが発生し、大幅な値引きを余儀なくされて、セコムは手痛いしっぺ返しを受けたとも言えます。

今回の敷地は、新旧甲州街道に挟まれたグローリオ蘆花公園の場合と比べ、烏山の商店街にも隣接する住宅街の只中なので、近隣住人ばかりではなく、敷地内を通勤や通学や買い物で利用していた我々にも、大いに影響する場所です。
セコムが同じ過ちを繰り返すとは思いたくありませんが、どんな計画なのか心配でなりません。

7月15日の午前10時から、烏山区民会館で説明会があるようです

争点の見えない今回の参議院選挙よりも、烏山の住人にとっては、よほど関心があり、影響もあることですので、時間のある方は、是非説明会を聞きに行ってはいかがでしょうか?

但し、この看板を見る限り、誰が聞きに行ってもいいように見えますが、関係住民以外の方は、入場を断られる可能性もありますので、看板下部に記載のある電話番号へ事前にお問い合わせください。

関係住民 とは、次に掲げる人を言います。
イ 中高層建築物の敷地の境界線(敷地の境界線と中高層建築物の壁面との水平距離がその高さの2倍以上ある場合は、その壁面。以下この号において同じ。)から起算して、水平距離がその高さの2倍の地点から当該中高層建築物の壁面までの範囲内にある土地又は建築物に関して権利を有する者及び当該範囲内に居住する者
ロ 中高層建築物による電波障害の影響を著しく受けると認められる者
ハ 特定建築物の敷地の境界線から起算して、水平距離が100メートルの地点から当該特定建築物の壁面までの範囲内にある土地又は建築物に関して権利を有する者及び当該範囲内に居住する者
ニ 中高層建築物の敷地の境界線及び特定建築物の敷地の境界線から起算して、水平距離が10メートルの地点から当該中高層建築物等の壁面までの範囲内に居住する者(以下「隣接住民」という。)

PageTop

烏山第一団地とも、ついにお別れです

  ついに烏山第一団地の最後の解体工事が始まりました。

  烏山第一団地解体③
前川國男事務所が設計に関った住戸タイプで、綺麗に改修されて唯一残っていた15号館も、ついに解体されてしまいました。

  烏山第一団地解体⑦
9号館は奥の一戸だけは改修され、最近まで人が住んでいたと思うのですが、いつの間にか引っ越していたようです。

  烏山第一団地解体⑥
9号館の一番手前の住戸の庭先には、ソメイヨシノが植わっていましたが、根元からバッサリ切られています。

           切られた桜①
           2008年4月撮影
 
  烏山第一団地解体⑤
  人が住んでいる気配が無かったのに、何故か残っていた8号館も、ついに解体です。

  烏山第一団地解体①
  1・2・3号館が既に基礎だけになってしまってから、もうかなり時間が経ちました。

  烏山第一団地解体②
  6・7号館の基礎。 右奥に見える黄色い建物が15号館、左に8号館が見えています。

  烏山第一団地解体④
  14・13号館

この土地はセコムが買ったと聞いたことがあります。
新しく建物が建つのは仕方ないですが、グローリオ蘆花公園のように敷地を囲って閉鎖的な場所になり、慣れ親しんだ桜公園の桜が見られなくなるのは残念です。
そうなったら、またセコムに対するイメージもまた悪くなりそうです。

PageTop

ATELIER 77

都立芦花高校の近く、上祖師谷1丁目のバス通りの交差点に建っている、まるで要塞のような、コンクリート打ち放しの建物を御存知でしょうか。

  納谷功のアトリエ

チトカラには有名建築家が設計した建物が何棟も在りますが、この建物は1989年に細谷功氏の設計で建てられた、アトリエ兼個人住宅です。

  メンテナンスが悪く、最近はかなり汚れているのが、気になっていましたが
  アトリエ解体①
先月末に、前を通り掛かった時に、仮囲いのシートを見た時には、外壁の洗浄でもしているのかと思いましたが、築後僅か22年なのにも関わらず、解体工事が始まっていました。

要塞の様に丈夫そうな建物を、たった22年で解体しなければならない理由は一体何だったのでしょう?
デザイン的にも好きな建物だっただけに、本当に驚きました。

建築MAP東京に載っている千歳烏山近辺の建物は、このATELIER 77も含め、2棟だけなのですから、惜しい建物が無くなってしまったものです。

PageTop

芦花ホーム

今日は本当にいい天気です。
先々週の都知事選挙に続いて今日は世田谷区長と区議の選挙もありましたが、あまりの行楽日和に、投票率は低くなるのではないでしょうか?

朝食後芦花中学で投票を済ませ、帰り道は行きに通った烏山川緑道ではなく、芦花ホームの前の道を通って帰りました。

  芦花ホーム②
  芦花ホームの前には、紫色の花水木が咲いていました。

  芦花ホーム①
   芦花ホームと呼ばれているこの建物が建てられたのは、もう20年位前のことでしょうか?

            芦花ホーム④

特別介護老人ホームの「芦花ホーム」だけではなく、「デイホーム芦花」「訪問介護ステーション芦花」と言う名前も持っているようです。

  芦花ホーム③

  機能だけではなく、外観も見どころ満載の楽しい建物です。

PageTop

芦花翠風邸

  世田谷文学館の隣、旧久保邸後に芦花翠風邸が完成しました。

  芦花翠風邸①
  マンションのようにも見えますが、芦花翠風邸は高級老人介護施設のようです。

  芦花翠風邸⑤
  旧久保邸の立派な門は残りました。

  芦花翠風邸⑥
粕谷通り沿いの瓦屋根の乗った塀は、歩道を造る為に取り壊され、以前のデザインを踏襲して復元されました。
上手く復元したものです。

  芦花翠風邸②
  こちらの北側が新しい入口です。

  芦花翠風邸③
  改めてこの写真を見て、屋根が寄棟だと分かりました。
  写真左の蔵は、以前から在ったものを綺麗に改修したものです。

  芦花翠風邸⑦
  ここまで綺麗に改修してしまうと、古い建物と言う気がしませんね。

  芦花翠風邸④

  改修前の蔵の写真は ⇒ ≪こちら≫

  旧久保邸の写真は   ⇒ ≪こちら≫

PageTop

グローリオ蘆花公園

      今週、新聞の折り込みにグローリオ蘆花公園の値下げの広告入っていました。

      グローリオ蘆花公園
 
     オープンしたのは去年の芦花まつりの頃ですから、竣工後たった5月での値下げです。
     オープン時 8,910万円の部屋が ⇒ 6,130万円
             9,870万円の部屋が ⇒ 7,890万円
             12,420万円の部屋が ⇒ 9,850万円
 
                              いずれも2割以上の大幅な値下げ。

この価格が高いのか安いのかは分かりませんが、近頃千歳烏山近辺では、青山学院跡に建てられた東京テラスや、朝日生命グランド跡に建てられた久我山ガーデンヒルズ、それにエルザ世田谷等の分譲マンションだけではなく、公団芦花団地、公社芦花公園前住宅、公社烏山住宅の築50年前後の公団や公社団地の建て替えも含めると、明らかに供給過多ではないかと思われる程沢山の大型共同住宅郡が建てられています。
建てれば入る、建てれば売れるという時代は、もう終わったのでしょう。

セコムも、設計管理に大手組織事務所の石本建築事務所、さらに有名建築家の芦原太郎を総合監修を起用しましたが、販売促進には、あまり結び付かなかったようです。

マンションの目の前に千歳ホテルが在ることも、拙かったと思うのは僕だけでしょうか?
(千歳ホテルも買い取っちゃうのは、無理だったんでしょうね)
公団烏山第一団地も、着々と立ち退きと解体が進んでいますが、やっぱりマンションが建つのでしょうか?

PageTop

リジノワール千歳烏山

  今日は久しぶりの「チトカラ建築100選」です。

  リジノワール千歳烏山③

  千歳烏山より西の京王線沿線にお住まいの方は、京王線の車窓からこの建物を見たことが有るはず。

  リジノワール千歳烏山①

  線路に向かった南面を弓型の曲線で構成したシンメトリーな外観が特徴です。

         リジノワール千歳烏山②

  天井に明けられた円形の穴がいい感じです。
  この写真では分かりませんが、エントランスの奥には手摺を赤く塗った階段が見えています。
  電車の音が少しうるさいかもしれませんが、日当たりも抜群のワンルームマンションです。

PageTop

PORTE MAIUS

京王線八幡山駅前に建つ、コンクリート打ち放しデザイナーズマンション PORTE MAIUSをご存じでしょうか?

  PORTE MAIUS外観①

  設計はロカ・カローザと同じワークショップ谷内田章夫氏です

  PORTE MAIUS外観②
  1階の角にある三幡商事(株)と言う不動屋さんが管理しています。

  PORTE MAIUS外観③
  自動販売機の存在が、少し気になりますが、谷内田さんの設計らしい外観です。

  PORTE MAIUS外観④

  現在空室も有るようです。
  デザイナーズマンションに住んでみたい方は、三幡商事(株)に問い合わせしてみてください。
  所在地/東京都杉並区上高井戸1-2-4
  TEL/03-3302-2632  FAX/03-3329-5959
  E-mail info@mihata.co.jp
  ホームページは ⇒ 《こちら》

PageTop

イージーライダース解体!!

  先週末にヤマダ電気に空気清浄機を買いに行ったとき、衝撃の現場を目撃してしまいました。

  解体
 
セクシーなプロンドの看板娘がいるKitchen Bonの隣にあった、イージーライダースが取り壊されているじゃありませんか!!!

以前紹介した時のブログは【こちら】をクリック

新世田谷のアメリカ村
この辺りのアメリカっぽい風景は、新しいせたがや百景を選んだ場合、新世田谷のアメリカ村として、選出するに相応しい場所だと思っていたので、イージーライダースが無くなってしまったのはショックです。
この風景が好きだったんですけどね。


  これは、在りし日のイージーライダースの姿です
  在りし日のイージーライダースサンタフェ①

  在りし日のイージーライダースサンタフェ②

  在りし日のイージーライダースサンタフェ③.

PageTop

白游居 内覧

僕が設計と監理させて頂いたルーネス南烏山の入居管理の件で、シマダハウスの専務さんと打ち合わせをしていた際に、雑談の中で、白游居はシマダハウスのプロデュースで建てられたことを知り、早速内覧させてほしいとお願いしました。

設計はラブ・アーキテクトの浅利幸男さんで、施工は沖工業株式会社です。

 まずは、気になっていた浴室から
 浴室3 浴室1
 左の写真が、道路から浴槽が見えていた住戸の玄関ホールです

 浴室2 浴室4
全8戸の全てのプランが違う為、水周りのプランも異なります
普通に住みたいと思う方には、抵抗のあるガラス張りの水周りですが、とにかくお洒落な提案です

8戸の全てがメゾネットスタイルで、2層の住戸と3層の住戸の部屋があります
 階段1 階段3

 階段2 階段4
メゾネットタイプの建物では、階段のデザインの良し悪しはデザイン上重要です

白い階段と濃い茶系の着色の違い
鉄骨と躯体の違い
直線と曲線の違い があり、どの部屋を見ても全く飽きません
入居希望の方は、今なら好みの部屋を選べるわけです

  部屋③
壁と天井は白の塗り壁、2・3階の床と階段の団板、家具や開口枠などの木部は濃い茶系で着色されて、とても落ち着いた雰囲気です
どの住戸にも1坪大のテラスがあり、個々の住戸の狭さを感じさせない工夫がされています

 部屋④ 部屋②

        部屋①

全ての住戸を紹介出来たわけではないのですが、とても敷地面積157㎡で延床面積249㎡の建物とは思えない優れたプランニングです。

入居は10月初旬からで、内覧会もやっています
家賃は少々高めの設定ですが、この建物なら住みたいと思う人は多いはずです

【こちら】から内覧会に申込みが出来ますよ
担当者は座光寺さんです

実に素晴らしい建物ではありましたが、シマダハウスさんには、是非一度僕にも何か設計提案をさせて頂けたらと思いました

PageTop

白游居

南烏山一丁目、最寄り駅では京王線芦花駅から4~5分の場所に、こんな建物を見つけました

  
  2、3階の白い外壁も目を引きますが、濃い茶色に塗られた一階部分を良く見ると

  各ENT外観
  玄関が並んでいるのがわかります
  どうやら普通のマンションではなく、長屋形式の建物のようです
  (長屋形式とは、簡単に言うと共用の廊下や階段のない集合住宅のことです)

  ENT外観
  その中の一室は、何と玄関扉の横の窓から浴槽が見えてるじゃありませんか!

  北東側外観
  道路側でない立面も、裏っぽい感じはなく

  道路側見上げ
2畳位の広さのテラスが、あちこちに見えていますが、玄関の数と同じ8つのバルコニーがあるようです
  
        館銘
        館名を探してみると、小さな文字で白游居と書かれていました
        是非、内部を見てみたい、気になる建物です

        そんな、気になる白游居の内部を見る機会が偶然訪れました。
        内部の様子は次回ご覧いただきます。

PageTop

LUNES MINAMI KARASUYAMA

自分で設計した建物を建築100選に載せるのはいかがなものかとも思いましたが、7月という賃貸には不利な時期での竣工なので、賃貸の募集も兼ねての紹介です

募集用チラシ
  (上の写真はクリックすると拡大します)


  南西側外観
  自分で言うのもなんですが、コンクリート打ち放しのちょっとお洒落な建物です

千歳烏山駅西口を出て、徒歩1~2分の便利さですが、商店街を外れているので意外なほど静かです
オートロックなのは勿論ですが、オーナー邸とも一緒なので、一人暮らしの女性の方にも安心です

  空き部屋についての詳しい情報は、ミニミニ千歳烏山店までお問い合わせください

  mini-mini 千歳烏山店  TEL/03-5969-0032 住所/世田谷区南烏山5-17-13
                 mail/chitosekarasuyama@minimini.jp

PageTop

ロカテラーザ

公団芦花団地の建替えにともない、サッミットストアーと駅前ロータリー近辺も再開発されましたが、殆んどがありきたりの建物ばかりですが、ロカテラーザだけは、コンクリート打ち放しの目立つ建物です

          ロカテラーザ①
設計はデザイナーズマンションの設計者の先駆け的存在のの谷内田章夫氏で、2006年に建てられました

          ロカテラーザ②
コンクリート打ち放しに大きな開口部、妻壁の断熱ガルバニウムのサイディングは、何時もの谷内田氏のアイテムです

          ロカテラーザ④
          南面する世帯は、吹き抜けのあるメゾネットのようです 

    ロカテラーザ⑤
    南面の世帯の他、東向きの世帯と

          ロカテラーザ③
          西向きの世帯のある、全146戸の巨大な共同住宅です

PageTop

世田谷自動車学校

    この建物、ちょっとカッコいい建物だと思っていた方も多いんじゃないでしょうか?

    世田谷自動車学校①
    世田谷自動車学校は2000年に  プランツアソシエイツ(宮崎浩)の設計で建てられました

           世田谷自動車学校②
コンクリート打ち放しガラスお洒落な建物ですが、西日が当る時はちょっと暑そうですね

そう言えば世田谷自動車学校の敷地内のコースにも、立派な枝振りのソメイヨシノがあったと思います

PageTop

ブテック ミセス

千歳烏山にも、色々なカッコいい建物はありますが、このブテック・ミセスほど、未来的でお洒落な建物はないと思います

            ブテック ミセス ②
            このシルバーメタリックの光輝く建物がブテック・ミセスです
            旧甲州街道沿いの交番の少し芦花公園側にあります

            ブテック ミセス ③
          御覧のように、晴れの日にはキラキラ光るロケットの様なこの建物
          1階が店舗なのは分かりますが、2~4階は住居なのか何なのか?
          3階と4階の間のくびれた部分は、いったいどうなっているのでしょうか?

    ブテック ミセス ④
   こんなに中が気になる建物は、そうはありません

   設計者も何も分かりません
   ご存知の方がいましたら、是非教えてください 

PageTop

ぐらんそれいゆ

        ぐらんそれいゆは榎の交差点を少し烏山側に入った住宅街に在ります。

    ぐらんそれいゆ 全景

円と正方形を組み合わせた平面とコンクリート打ち放しの壁面とガラスブロックが特徴の建物で、このコーナーの三角部分を利用したバルコニーが気に入っています。

          ぐらんそれいゆ 入口
          館名の「ぐらんそれいゆ」がひらがななのも面白いですね。

PageTop

Villa Bianco Sugita

    北烏山を散策していた時に偶然見付けました。

    Villa Bianco Sugita ①

    Villa Bianco Sugita ②

           Villa Bianco Sugita ③
    開口部が異常に少なく、欠き込まれたこの部分のみが、バルコニー側の開口部です
    白と燻し銀の様な灰色の外壁も目を引きます

    Villa Bianco Sugita ④
    妻側には開口部は一つもありません

    Villa Bianco Sugita ⑤
    エントランス側も、開口部は最小限です

           Villa Bianco Sugita ⑥
           階段室の上に開けられた円形の開口も良い感じです

    Villa Bianco Sugita ⑦
    エントランスも実にお洒落です
  
最近、名ばかりのデザイナーズマンションが多い中、この建物の設計者はただ者ではないと思い、ネットで検索してみると、思った通リ、設計者は数年前に建築学会賞も受賞している陶器二三雄氏の設計で2008年の初めに竣工した建物だと分かりました。
玄人受けするマンションでが、一般の方はどう思うのか知りたいですね。

PageTop

光輪ハイツ

上祖師谷の高級住宅街に在るこの建物も、烏山の気になる建物一つです。

     光輪ハイツ\光輪ハイツ ①

                 光輪ハイツ ②

一見個人の住宅にも見えますが、2階に登れる外部階段や、通路の奥にアパートらしい扉も見えるので、建物全体としては共同住宅か重層長屋の範疇に入る建物だと思われます。
館名板も見当たらず、光輪ハイツの建物名は、住宅地図で確認しました。

     光輪ハイツ ④

                 光輪ハイツ ③

開口部が少なく、派手さを押えながらも、気になるセンスの良いスパニッシュ風の外観です。
設計者も竣工時期も分かりませんが、恐らく1980年前後に建てられた建物だと思われます。

PageTop

GRACE SEIJO

      名前はGRACE SEIJOですが、在るのは上祖師谷で、ちょっと行くと調布市です。

           GRACE SEIJO 全景

コンクリート打放しの建物でありながら、コテコテとした僕好みのデザインのマンションです。

                GRACE SEIJO 階段塔
階段がエレベーターの周りを螺旋状に登っていきます。
エレベーター塔の頭部や外廊下を支える柱頭のデザインはまさに懐かしいポストモダンの残像が見えるようです。

           GRACE SEIJO 西側外観
           西側の外観。
           屋根の上に見えるガラス(?)のボックスはトップライトでしょうか?

           GRACE SEIJO 自転車置場
コンクリートの壁が崩れたようなデザインも、やはり80年台の流行で、エドワード鈴木さんが良くやってました。
           GRACE SEIJO 看板

          僕は大好きなデザインですが、皆さんは如何思うのか知りたいです。

PageTop

クレール八幡山

今日紹介するクレール八幡山は、京王線と甲州街道の間で、環八を少しだけ路地に入った、目立たない場所に在ります。
これまでに紹介したソフトタウン祖師谷ラルゴ芦花公園と同時代に建てられた集合住宅だと思います。

           クレール八幡山外観②
環八から入る路地を挟んで、A・B棟の二棟が向き合い、この路地が通路兼住人同士のコミュニケーションスペースにしようとした設計者の意図見て取れます。

           クレール八幡山外観③
基本的に公団団地などでよく見られる階段室型の集合住宅なのですが、階段前のアーチと勾配屋根により、近くの団地とは全く印象が違って見えます。

           クレール八幡山外観①
一見すると、見た目の為だけにも付けられたようにも見える勾配屋根ですが、道路斜線や北側斜線を避ける為と思われ、1階を少し地下に埋めているところなど、敷地を有効利用する工夫が随所に見られます。

PageTop

ラルゴ芦花公園

    このラルゴ芦花公園は前から気になっていたマンションです。
    ラルゴ芦花公園南西側外観晴

           この建物は京王線の線路方向から写した写真です。(南西側外観)
電車の窓からも、雁行する壁面と、有孔ブロックを積んだバルコニーの腰壁が目を引く建物です。

           ラルゴ芦花公園南東側外観
           南東側の外観。

           ラルゴ芦花公園北西側外観Ⅱ
           北西側外観。

           ラルゴ芦花公園北東側外観
           北東側外観。

東側と北側の2方向が道路で、南側が駐車場と線路と言う、恵まれてた敷地条件を生かした優れたデザインのマンションです。           

           ラルゴ芦花公園中庭を見る
雁行する建物で四方を囲まれた中庭を見る。良い感じの空間で、住人同士のコミュニケーションが生まれることを願った、設計者の願いが伺えます。

竣工年月日や設計者は不明ですが、1980年代に建てられたマンションではないかと思います。

                シロン

        ラルゴ芦花公園を散策中に愛犬と散歩している同級生に出会いました。

PageTop

ソフトタウン祖師谷

チトカラのお洒落な建物、主に住宅やマンションを紹介します。
雑誌やテレビでも紹介された、有名建築家が設計した建物も、チトカラにはけっこう在るんです。

第一弾はソフトタウン祖師谷です。

ソフトタウン祖師谷1
まずは道路から

ソフトタウン祖師谷2
敷地内にちょっとだけ入らせてもらって

ソフトタウン祖師谷3
奥にはちょっとした広場と巨木があります

ソフトタウン祖師谷4
何時頃建てられた建物かは分かりませんが、これほどゆったりした贅沢な配置計画からみてバブル期以前の建物だと思います。

雁行する壁面に広くとられたルーフテラスがとても魅力的な建物です。
こんなマンションになら、是非住んでみたいですね。

PageTop