ちとから散策

京王線、千歳烏山をテクテク歩いてみました

愛の像

      この大袈裟な名前の像が在るのは、公共の公園のオブジェとしてではなく

      愛いの像
      蘆花恒春園近くの芦花公園スポーツプラザの入口の上に置かれています。

この愛の像、今はマンションになったバッティングセンターに飾って(と言うより放置に近い)ありましたが、バッティングセンターが無くなる時に、この場所に移動させたのだと思います。

勿論石造りではなく、なかは鉄骨を組んだハリボテなのでしょうが、まさか愛の像を捨てるわけにも行かず、巡り巡ってこの場所に落ち着いたのでしょう。
バッティングセンターに在った時も、どこか他の場所にあったのを、移動してきた感じでした。
(実は学生の頃、このバッティングセンターでアルバイトをしていました。)

僕にとってはそれなりに思い出もあり、
今見ると、時が経ってそれなりに風格が出てきた愛の像なのでした。

PageTop

ぐらんそれいゆ

        ぐらんそれいゆは榎の交差点を少し烏山側に入った住宅街に在ります。

    ぐらんそれいゆ 全景

円と正方形を組み合わせた平面とコンクリート打ち放しの壁面とガラスブロックが特徴の建物で、このコーナーの三角部分を利用したバルコニーが気に入っています。

          ぐらんそれいゆ 入口
          館名の「ぐらんそれいゆ」がひらがななのも面白いですね。

PageTop

北沢川緑道と桜並木

区役所へ行った帰りに、大きく遠回りをして、環7の宮前橋辺りから淡島迄の北沢川緑道を散策してきました。

    北沢川緑道桜並木と代沢の桜並木①

この辺は、そう頻繁に来る所ではありませんが、お洒落な建物があったり、小川があったり、桜が綺麗だったり、下北も近かったりで、世田谷の中でも屈指のお気に入りの地域です。

          北沢川緑道桜並木と代沢の桜並木②

北沢川緑道桜並木と代沢の桜並木③   北沢川緑道桜並木と代沢の桜並木④
仙川でも良く見掛けるシロサギ?ですが、手が届くほど近くに居るのには驚きました。
近付く僕を警戒するでもなく、しきりに石の間をついばんでいます。

    北沢川緑道桜並木と代沢の桜並木⑥
緑道の両側には桜の巨木が植えられています。春になったら是非また来てみたいと思います。

北沢川緑道桜並木と代沢の桜並木⑤   北沢川緑道桜並木と代沢の桜並木⑧

    北沢川緑道桜並木と代沢の桜並木⑦

    ため息が出るほど素敵な緑道です。

この辺りの北沢川緑道は、北沢川緑道桜並木と代沢の桜並木として、せたがや百景にも選ばれています。冊子には「代沢地区の北沢川緑道の両側には、桜並木が続いている。満開になると花のトンネルになり、花見の宴が繰り広げられる。地元主催の桜祭りには甘酒の無料接待やパレードなども行われる。」と記されています。

PageTop

天狗まつりと真竜寺

今日は午後から仕事で代田に行ったついでに、下北沢辺りを散策して来ました。

下北沢と代沢地域には、せたがや百景に選ばれている場所や行事が何箇所もありまが、今日はもう直ぐ天狗まつりの行われる真龍寺に行って来ました。

          天狗まつり 一番街
下北の商店街の外れにある一番街には、1月31日と2月1日に行われる天狗まつりを知らせる垂れ幕も掛っています。

       真龍寺入口    真龍寺階段 

下北沢には学生時代にはデートや飲み会、最近では雑貨を買いに良く来ているつもりでしたが、何度もこの道を通っていた筈なのに、今までこの小さなお寺の存在を意識した事はありませんでした。

      真龍寺本堂と天狗
      境内に入ると、大きな天狗が迎えてくれます。

      真龍寺本堂
 
      真龍寺の天狗


           真龍寺の説明
           (写真をクイックすると拡大された別窓が開きます)

真龍寺天狗まつりと真竜寺としてせたがや百景に選ばれています。
せたがや百景の冊子には「小田原大雄山最乗寺の分院真竜寺は昭和4年に下北沢に建てられた。小さな石段を上がって境内に入ると、大きな天狗の面が目につく。節分の日の天狗まつりには、天狗の面と大天狗、小天狗、裃姿の年男などが豆をまきながら商売繁昌、家内安全を祈り、商店街を練り歩く。」とあります。
今週末が天狗まつり。 天気が良ければ出掛けてみたいと思います。

PageTop

富士山と京王線

昔は東京の彼方此方から富士山を眺める事が出来ましたが、建物が建て込んで来た近頃では、建物に登らない限り、なかなか富士山を見ることが出来なくなってしまいました。

    京王線と富士山①

    京王線と富士山②

給田北住宅東側の低い崖線上の線路沿いの道からは、今でも建物に登らなくても富士を望めるスポットが在ります。

 ここからなら、我らちとからっ子の大切な足である京王線と霊峰富士を一緒に見る事が出来ます。

    \富士山の見える踏切
こちらは南烏山2丁目の平泉医院前の踏み切りから見た富士山です。昔は富士山が、もっとはっきりと小さく見えたような気がするのは、僕の記憶違いでしょうか・・・?
こうして見ると、京王線はずいぶん狭い所を走ってるんですね。

PageTop

北野公園

北野公園は公園とは言っても、遊具のある児童公園ではなく、開発を逃れた雑木林と言った風景です。
場所は吉祥寺通りと天神山通りの交わる新川2の交差点の近くです。

    北の公園
     けして広くはない公園ですが、武蔵野の面影を感じることが出来ます

          北の公園 隣の民家の庭の巨木
          近所の民家の庭にも、こんなに見事な巨木が残っています

    天神山通の桜並木
天神山通りの桜並木も、御覧のように大きく成長してきました。
今でも多くの田園風景を残している北野の緑は、近隣に暮す人間にとって、大切なオアシスの様な存在です。

所在地/三鷹市北野3丁目12~13辺り

PageTop

岡本三丁目の坂道

前回せたがや百景を訪ねてで紹介した岡本玉川幼稚園と水神橋の直ぐ近くに、岡本三丁目の坂道は在ります。

      岡本三丁目の坂道 遠景

      この写真は仙川に架かる西谷戸橋から撮ったもので、水神橋の隣です
      坂の上り始め辺りを右に曲がると、直ぐに玉川幼稚園も在ります


           岡本三丁目の坂道 見下
           車は皆、最徐行で通行し、自転車で登るのは無理ですね

      岡本三丁目の坂道 見上
      下から見上げると、まるでスキーのジャンプ台のようにも見える坂道です

せたがや百景の冊子には「国分寺崖線には多摩川沿いに下る坂道が何本も通っている。岡本3丁目の坂道はなかでも勾配が強く、急な坂をたどるとき国分寺崖線の斜面を実感する。坂上からは丹沢の山々の眺望できる。」とあります。     

PageTop

丸美ストアーと意味のない柱?

     丸美ストアーを知っていますか?

      丸美ストアー旧道から
  旧甲州街道沿いで、芦花公園の駅前通リから徒歩1分程、烏山に向かった所に在ります。
  「アイバンラーメンの在る所」と言った方が分かりやすいでしょうか?

            丸美ストアー内部

このアーケードには10件程の店舗が在りますが、今も営業しているのはアイバンラーメンの他は2~3件だと思います。

      丸美ストアー奥
これは裏側(北側)から撮った写真ですが、昔懐かしい様なアーケードの屋根を支える、左側手前から2番目の鉄骨の柱に注目してください。

   丸美ストアー屋根①  丸美ストアー屋根②
   トラス状の柱が、屋根と繋がっていないように見えるのは僕だけでしょうか?

                丸美ストアー屋根③
  逆光で黒くなってしまいましたが、この写真から、柱が屋根を支えていないのが分かります。

          丸美ストアー アイバンに並ぶ
この写真は最近アイバンラーメンに並んだ時の写真です。 温暖化で東京に大雪が降ることは少なくなりましたが、もし雪が積もるような事があったら、その時だけはアイバンラーメンに並ぶのを、止めておいた方が良いと思います。

PageTop

旬菜ダイニング 美卯香

今日は兄に教えてもらった旬菜ダイニング美卯香を紹介します。
この日は兄家族と夜食事に行ったのですが、兄の家族は土曜の昼食をとりに実卯香に通っているようです。

    美卯香入口

                 美卯香店内

美卯香が在るのはビルの地下で、スナックがありそうなところです
名前もスナックっぽいし、店内のインテリアもスナックそのものなので、元はスナックだったのでしょう。

    美卯香刺身盛合せ 
マグロ丼が美味しいと兄は言っていましたが、新鮮な魚を入荷出来るのでしょう。刺身の盛り合わせも美味しかったですよ。

 美卯香マグロ丼  美卯香焼肉丼 
 ランチメニューにもあるマグロ丼          和牛ステーキ丼

               美卯香ビーフシチュー
               ビーフシチュー 


                美卯香フルーツ

              最後に頂いたフルーツはボリューム満点でした。

住所/世田谷区粕谷4-19-8


PageTop

岡本の水神橋

  岡本には沢山、せたがや百景に選ばれた地域が在りますが、この岡本の水神橋もその一つ

           水神橋①

この場所には丸子川に架かったこちらの小さな橋と、直ぐ横に仙川に架かった大き目の橋が隣りあっています

           水神橋②

両方写真を撮っておけば良かったのですが、情緒を感じさせる丸子川に架かる小さな橋の方しか撮っていません

                水神橋③
                水神橋から丸子川親水公園を撮る

           碑

           碑拡大

水神橋は岡本の玉川幼稚園と水神橋としてせたがや百景に選ばれています。
せたがや百景の冊子には「玉川幼稚園の建物はニ・ニ六事件で暗殺された蔵相高橋是清の別邸だったもので、山荘風の構えがよく幼稚園にマッチしている。風光明眉な国分寺崖線には戦前多くの高官や財界人の別荘別邸が建てられ、現在の良好な住宅街に引きつがれてきた。水神橋あたりには当時別荘から眺められた田園風景の面影がそこはかとなく残っている。」と記されていますが、高橋是清の別邸だった幼稚園の建物は、残念ながら建替えられて今は見る事は出来ません。

PageTop

特集!! 烏山川緑道を行く-⑩

烏山川緑道を行く第10弾は、今だ整備されていない、環八沿い八幡山団地内烏山川跡ふれあい散歩道を歩きます。

           道草橋~八幡山団地歩道橋①

       環八の芦花公園前交差点から、水際の散歩道烏山川緑道も姿を消します

           道草橋~八幡山団地歩道橋③
   住宅地図にも載っていませんでしたが、この場所は道草橋と言う名の橋が在ったようです

           道草橋~八幡山団地歩道橋② 

  ここからは、緑道としては未整備地域ですが、烏山川の面影を唯一残す地域とも言えます

           道草橋~八幡山団地歩道橋⑤
      団地の緑と環八の街路樹で、すでに緑道としての要素は充分備わっています
      この辺りの歩道はとても狭いので、少しでも早い緑道の整備が待たれます

           道草橋~八幡山団地歩道橋④  
           芦花公園前歩道橋から

      道草橋~八幡山団地歩道橋⑥
      八幡山団地歩道橋から 

           道草橋~八幡山団地歩道橋⑦
八幡山団地歩道橋を過ぎた所で、烏山川は90度曲がって環八を潜り、再び緑道に姿を変えて、芦花小・中校方向(西)へ向かいます。

      ふれあい散歩道①
世田谷文学館までの緑道はふれあい散歩道と言うようで、道幅は広く、インターロッキングで舗装もされ、緑も豊かです
    

  ふれあい散歩道看板
  この地図からも分かるように、芦花中を過ぎたところで、緑道は二股に別れます

           ふれあい散歩道③
        右側を「ルート-Ⅰ」、左側を「ルート-Ⅱ」として以降紹介していきます

PageTop

Villa Bianco Sugita

    北烏山を散策していた時に偶然見付けました。

    Villa Bianco Sugita ①

    Villa Bianco Sugita ②

           Villa Bianco Sugita ③
    開口部が異常に少なく、欠き込まれたこの部分のみが、バルコニー側の開口部です
    白と燻し銀の様な灰色の外壁も目を引きます

    Villa Bianco Sugita ④
    妻側には開口部は一つもありません

    Villa Bianco Sugita ⑤
    エントランス側も、開口部は最小限です

           Villa Bianco Sugita ⑥
           階段室の上に開けられた円形の開口も良い感じです

    Villa Bianco Sugita ⑦
    エントランスも実にお洒落です
  
最近、名ばかりのデザイナーズマンションが多い中、この建物の設計者はただ者ではないと思い、ネットで検索してみると、思った通リ、設計者は数年前に建築学会賞も受賞している陶器二三雄氏の設計で2008年の初めに竣工した建物だと分かりました。
玄人受けするマンションでが、一般の方はどう思うのか知りたいですね。

PageTop

世田谷城址公園

世田谷城址公園は世田谷線宮の下駅近くに在り、宮の下駅の近くには世田谷城址公園の他にも、招き猫の豪徳寺宮の坂勝光院と竹林奉納相撲の世田谷八幡の4つのせたがや百景に選ばれた場所が在ります。

勝光院八幡と世田谷八幡宮世田谷城主だった吉良家に由来する所ですが、世田谷城址公園は、その吉良家の居城跡なのです。

      世田谷城址公園外観
      城山通りから見る
      城跡と言うイメージからは程遠い、こじんまりとした公園です

 世田谷城址公園石碑  世田谷城址公園碑 

      世田谷城址公園① 

      世田谷城址公園③
 
 世田谷城址公園②
 一見、城の石垣のようにも見えますが、この石垣は近年整備されたものです。

せたがや百景の冊子には「初代吉良氏が南北朝のころ、関東管領足利基氏から戦の手柄により武蔵国世田谷領をもらいうけて、築城したのが始まりといわれる。平城で、三方を塀で囲んだ防備の堅固な城であったが、現在はわずかに小高い台地の中に枯山水風の谷や小川があり、緑の茂る公園になっている。」と記されています。
 

PageTop

リサイクルショップ NEWS烏山

  最近良くお世話になっている店の一つがリサイクルショップNEWS烏山です。

  NEWS外観  甲州街道沿いに在る倉庫の様な店舗です

                     NEWS内観
                     掘り出し物お洒落な家具が見つかるかも

   バリの家具①   最近買ったバリ島の家具

   バリの家具②  バリの家具③
   面白い曲線に一目惚れしてしまいました。
   実用的だとは思えませんが、凛と蘭も気に入ってくれたようです。

PageTop

八幡山団地辺りの環八沿いの風景

環八沿いには色々な見所がありますが、今日は八幡山団地辺りの環八沿いを紹介しましょう。

      地元の人間には、ごく当たり前の風景なのですが
      都営八幡山団地の歩道橋と給水塔
      環八に掛けられた八幡山団地歩道橋からみた給水塔

建設当時、この歩道橋は自転車が渡れる歩道橋として話題に成っていたと記憶しています。 もしかするとこの手の歩道橋の先駆け的なものだったのかも知れません。 良く見ると斜路のカーブがなかなか芸術的です。
八幡山団地の給水塔は、近頃急増中の団地マニアの方や給水塔マニアの方には人気の給水塔だと聞いています。

環八と八幡山団地給水等 八幡山団地歩道橋から見る 


烏山川緑道から見た八幡山団地の給水塔  桜と八幡山団地の給水塔
烏山川緑道から見た八幡山団地給水塔
  
環状8号線の街路樹と八幡山団地の給水塔①
芦花公園前歩道橋から見る

            環状8号線の街路樹と八幡山団地の給水塔②
上の写真と同じく芦花公園前歩道橋から見た風景です。環八に平行して流れていた、烏山川跡です。烏山川はその殆んどが暗渠となり、緑道に姿を変えているので川の姿を留めているのは、この場所の他、極わずかしかありません。

環状8号線の街路樹
こちらは芦花公園横の環八の街路樹

時が経ち、貧弱だった環八の街路樹も見事な大木に成長しました。

・八幡山団地給水塔
・八幡山団地歩道橋
・烏山川緑道
・烏山川跡
・環八の街路樹


環八沿いのこの辺りには、他にも紹介したいところが在るので、いずれまたの機会に・・・。

PageTop

ブロンドの看板娘のいる店

環八のヤマダ電気の向いに、冬でもこんなセクシーなスタイルで頑張っている、ブロンドの看板娘がいる店が在ります

kitchen bon の看板娘③ kitchen bon の看板娘②
 
                         横から見ると、どこか可笑しな体勢なのは
                         kitchen bon の看板娘①
                        普段はメニューを書いた看板を持っているからです

      kitchen bon外観
Kitchen Bonは看板娘だけでなく、造りもウエスタンスタイルでなかなかカッコいい店ですが、店の中には煙草の煙がたちこめて、革ジャンに刺青の厳ついお兄さん達が屯していそうな雰囲気です(あくまでも僕の想像ですよ)

           kitchen bon外観遠景
         隣の赤い建物はイージーライタースと言う、車やバイクの販売店です

           イージーライダース

直北側にも同じ様な雰囲気の建物(こちらもイージーライダース)も在るので、ここら辺りはまるでアメリカ西部の雰囲気です

PageTop

上祖師谷2丁目ファミリー農園

つい先日、せたがや百景の一つでもある北烏山の田園風景を紹介しましたが、烏山の高級住宅街である上祖師谷にも田園風景が残されています。

      上祖師谷2丁目ファミリー農園①

      上祖師谷2丁目ファミリー農園②

           上祖師谷にもこんなのどかな風景が今も残っているんですね

           上祖師谷2丁目ファミリー農園③

           上祖師谷2丁目ファミリー農園④

流石に本格的な農地ではなく、御覧の様な世田谷区立のファミリー農園ではありますが、どんな形であれ、この様なのどかな昔を偲ばれる風景が残っているのは嬉しいものです。

PageTop

豊前うどん 武膳

豊前うどん 武膳は烏山で唯一(他にも在ったら御免なさい)の、美味しいうどんを食べさせてくれる店だと思います。

           武膳 外観

           男性人気No1メニューは
           武膳 メンズエビ天丼セット
           メンズ海老天丼セットで麺の大盛は無料 980円

           女性人気NO1メニューは
           武膳 ごぼう天うどん
           ごぼう天セット +デザート付 950円

豊前うどんは、讃岐、稲庭に続く第3の麺と言われているらしく、味は関西風の薄味に九州醤油の風味を加えたものだそうです。久し振りに食べた、とても美味しいうどんでした。

           武膳 特性唐辛子
           特性の唐辛子は、とても辛いので要注意です!!

           武膳 内観
元は麺商人のあった場所です。麺商人に行った事のある人なら分かると思いますが、こじんまりとした店なので、大人数には向きません。

住所/世田谷区南烏山5-18-17


PageTop

北烏山の田園風景

せたがや百景も既に1/4ほど周って来ましたが、烏山地区でせたがや百景に選ばれているもの場所の中で、残念ながら既に百景に選ばれた頃の面影を、残していないところが何箇所かあります。
北烏山の田園風景もその一つで、せたがや百景を示した地図を見ると、烏山通リと下本宿通リのぶつかるT字路の南西辺りに百景を示す印が付けられていますが、その場所に行っても、それらしい風景は見当たりません。

      ただ、少し三鷹市の北野に入った場所には 
      北烏山の田園風景①
      こんなに凄い竹林や

            北烏山の田園風景② 
            大きな農家の座敷林も残っています。

ここは三鷹市北野ハピネスセンターの横の道で、以前仕事で良く通った道なのですが、猛暑の夏場でも、これらの巨木が作り出す木陰のおかげで、ひんやりとしたオアシスの様な場所でした。
でも冬で葉が落ちて明るいので、この写真からでは、夏場のヒンヤリ感は伝わりませんね。

恐らくせたがや百景に選ばれた北烏山の田園風景は、直ぐ近くの三鷹市北野の風景の様だったのではないかと思いわれます。


以降の記事は1/10に追加したものです

昨日区役所でせたがや100景の冊子を閲覧して分かったことなのですが、どうやら僕は田園風景と言う物を、緑深いトトロの森の様な風景だと思い違いしていました。
冊子に載っていた北烏山の田園風景の写真はキャベツ畑の風景だったのです。
畑なら沢山残っていたはずなので、今日改めて写真を撮りに行ってきました。

      北烏山の田園風景Ⅱ①

      北烏山の田園風景Ⅱ②

      北烏山の田園風景Ⅱ③  
 上二枚の写真の奥に写っている木々が、最初に紹介した三鷹のハピネスセンター近辺です。

冊子の文章にには「都会の緑の保全に都市農業が役っていることが見直されている。田園風景などとっくに世田谷から消えたと思っている人多いが、この一帯には生産緑地としての畑が残っている。田園風景ね広がっていた世田谷の昔日が思い出される。」と記されています。

  北烏山の田園風景Ⅱ④

写真の場所は、世田谷区と三鷹市が入り組んだ所です。

確かにすごい田園風景です。


PageTop

さぎ草ゆかりの常磐塚

仕事で区役所へ行ったついでに、せたがや百景の一つ、上馬のさぎ草ゆかりの常磐塚に行こうと思い、地図の印の部分を探しましたが、それらしい塚がなかなか見つかりません。

           上馬ときわ公園

地図に付けられた印の場所は、確かに上馬のときわ公園の辺りなのですが、公園の中には遊具と樹木があるだけで、塚の様なものはありません。

      諦めて世田谷通りに出ようとした時
      さぎそうゆかりの常磐塚①
      見付けました
 
      さぎそうゆかりの常磐塚②
      確かに常磐塚と刻まれています

小さな家が一軒建てられる程の、思いもしない小さな土地に、常磐塚は確かに在りましたが、百景と言う程の景色ではないと思うのは僕だけでしょうか?

           さぎそうゆかりの常磐塚③

           さぎそうゆかりの常磐塚④

  さぎそうゆかりの常磐塚⑤
  
  さぎそうゆかりの常磐塚⑥

せたがや百景ではさぎ草ゆらいの常盤塚とありますが、何故かさぎ草についての言及がありません。 

せたがや百景の冊子によると、「世田谷城主吉良頼康の側室常盤の悲しい物語にまつわる塚が、上馬のまちの家と家との間にひっそりとある。常磐の放った白鷺があわれ頼康の鷹狩の手にかかり、その骸を葬った地には一面のさぎ草が咲いたという。現代のまちなかに伝説を蘇らせる一隅の小風景だ。」とあります。

小さな塚にも、悲しい物語や伝説があるものなんですね。

所在地/世田谷区上馬5-30-18の隣り

PageTop

光輪ハイツ

上祖師谷の高級住宅街に在るこの建物も、烏山の気になる建物一つです。

     光輪ハイツ\光輪ハイツ ①

                 光輪ハイツ ②

一見個人の住宅にも見えますが、2階に登れる外部階段や、通路の奥にアパートらしい扉も見えるので、建物全体としては共同住宅か重層長屋の範疇に入る建物だと思われます。
館名板も見当たらず、光輪ハイツの建物名は、住宅地図で確認しました。

     光輪ハイツ ④

                 光輪ハイツ ③

開口部が少なく、派手さを押えながらも、気になるセンスの良いスパニッシュ風の外観です。
設計者も竣工時期も分かりませんが、恐らく1980年前後に建てられた建物だと思われます。

PageTop

洋風食堂 はしぐち亭

旧甲州街道と烏山通りのぶつかるT字路のコンクリート打放しのビルの1階に洋風食堂はしぐち亭は在ります。

     はしぐち亭外観

                 はしぐち亭内観
                 店内はちょっと狭めなので、団体で行くのは難しいですかね

      
    ランチメニューは何れも980円でサラダ、スープ、飲み物付です
     はしぐち亭オムライス
     まずはとろとろふわふわオムライス
     本当にとろとろしていて美味しそうです。 

     はしぐち亭ハヤシイス
     洋食屋さんハヤシライス
ドラマ「流星の絆」を見て以来、ハヤシライスがメニューにあると、つい注文してしまいます

     はしぐち亭パスタランチ
     今週のパスタランチ



                 はしぐち亭サラダ

                 はしぐち亭スープ 

                 はしぐち亭コーヒー
                 スープもサラダもとっても美味しかったです

住所/世田谷区南烏山6-8-7


PageTop

高速道路下の公園&運動場

高速道路や鉄道の高架下を、倉庫にしたり駐車場に利用するのは良く見かけますが、北烏山の松葉山公園では

           高架下の運動場③

中央高速道の高架下も公園として取り入れ、子供達は雨の日でも、雨に濡れずに遊べるようになっています。
           高架下の運動場④

    ぶっきらぼうなコンクリートの橋脚も、一工夫すれば楽しい壁画に早代わりします。
 

           高架下の運動場①

 直ぐ近くの都営烏山団地内の公園では、野球も出来る雨天運動場として利用されています。

           高架下の運動場②

       高速道路の下って結構広くて、工夫次第で使い道があるものなんですね。

PageTop

特集!! 烏山川緑道を行く-⑨  

烏山川緑道を行く第9弾は、水際の散歩道の続きで明大と日大の学生寮の間~環8芦花公園前の交差点迄烏山川緑道を紹介します。

千歳台清掃工場のと住宅地間の細い路地を抜けると、明大グランドに附属する合宿所と日大体育館に附属する学生寮の間に入ります。
           水際の散歩道日明大間①
        左に見えるのが日大の学生寮で、右に見えるのが明大のが合宿所です。

           水際の散歩道日明大間②
          水際の散歩道は、お金を掛けて整備しているのが分かりますね。

           水際の散歩道日明大間③

  水際の散歩道日明大間④
  この辺りは八幡山遺跡と言い、土器も発掘されたようです。
  
           水際の散歩道日明大間⑤
この写真は去年の秋に撮ったものですが、サルビアや百日紅の花が綺麗に咲いています。
ただ、水際の散歩道が出来た頃には、この辺の水路にも水が流れていましたが、最近では水が流れているのを見かけなくなりました。

           水際の散歩道日明大間⑥
ここは環8沿いに在る日産のショールーム(2階はサイゼリア)の裏側で、ただの遊歩道に戻ってしまいます。

           水際の散歩道日明大間⑦
           最後は環8芦花公園前の交差点近くの写真です。

     烏山川緑道はここで一旦姿を消しますが、この後烏山川の面影を見せてくれます。

PageTop

深大寺

  三日は調布の深大寺達磨を納めに行って来ました
  何時もは車で行くのですが、正月は駐車場が混むので、自転車で行っています
  烏山からなら、30分は掛りません

  深大寺参拝風景①
  深大寺も初詣の参拝客で大賑わいです

  深大寺参拝風景②  深大寺参拝風景③

  深大寺参拝風景④  深大寺参拝風景⑤
 
     新しい達磨を買い、折角なので雀の御宿と言う蕎麦屋で深大寺蕎麦を食べました

           雀のお宿\雀のお宿①

  深大寺ビール  天婦羅蕎麦
  喉も渇いたので深大寺ビールも頼みました

           だるまさんと凛
           こちらが新しい達磨さんです

           (凛) 「よろしくお願いしニャスね」

PageTop

府中の大国魂神社

昨日は、府中の大国魂神社へ行ってきました。
以前数年間、府中に住んでいたので、その頃からの習慣で、2日には大国魂神社へも初詣へ行っています。

           大国魂神社参拝風景① 

           大国魂神社参拝風景②

地元の人しか初詣には来ない烏山神社とは違い、大国魂神社は正月が明けるまで、沢山の参拝客で賑わうのですが、2日の昼前が穴場の時間帯で、20~30分程並ぶだけで、お参りをすることが出来ます。

  大国魂神社\大国魂神社参拝風景③
  それでも拝殿に行き着くまでには、随神門中雀門の2つの門を通らなければなりません。

  大国魂神社参拝風景④

  大国魂神社参拝風景⑥
  流石に立派な造りの拝殿です。

  大国魂神社参拝風景⑤
  お参りの後はあたり矢を買い、子供たちはおみくじを引くのも恒例になっています。

  大国魂神社の各施設については、また改めて、紹介させてもらいます。

  今日は達磨さんを納めに、深大寺にも行ってきます。

PageTop

烏山神社で初詣

                  明けましておめでとうございます。

                今年もちとから散策を宜しくお願いします。

  2009年初詣年明け直後
  我が家では、初詣は毎年近所の烏山神社に行っています。
  大晦日の夜の10時くらいになると、ちらほら参拝客が並び始めます。
  参拝客には甘酒を振舞ってくれるので、寒くても大丈夫かも・・・?

  2009年初詣朝
  こちらは朝の烏山神社の参拝風景です。

  明日は府中の大国魂神社に行ってきます。

PageTop