ちとから散策

京王線、千歳烏山をテクテク歩いてみました

特集!! 烏山川緑道を行く-⑮

烏山川緑道を行く第14弾迄は、世田谷区役所近辺から公団芦花団地に到るまで、京王線にぶつかるまでの、緑道に整備された部分を紹介してきましたが、この15弾からは、散策する向きを変えて、烏山川の水源と言われる寺町の鴨池から京王線までの、いまだ緑道に整備されていない部分、烏山川跡を紹介していきます。

この範囲は緑道化されていないだけでなく、烏山川の痕跡も殆んどない部分も多いので、まずは地図から御覧ください。

烏山川地図①烏山川地図②
              烏山川地図③烏山川地図④
                             烏山川地図⑤烏山川地図⑥
上の地図はクリックすると拡大します。
  鴨池①
烏山寺町にある、禅宗高源院の鴨池は、烏山川の水源と言われています。

鴨池② 鴨池③
この季節は、水面は蓮で覆われています。   写真の真ん中に鴨が居るのが分かりますか?

左上の地図を見ると、確かに鴨池辺りから、2本の水路が始まっているのが分かります
地図の表記上は、上(ルートⅠ)は川の様に記されていますが、実際はルートⅠ・Ⅱとも今は暗渠になっています。

今日はルートⅠ(地図では上の水路)の、鴨池から公社久我山住宅敷地内で烏山川の痕跡がなくなってしまう所までを紹介します。

鴨池からルートⅠ① 鴨池からルートⅠ②
左の写真の先は鴨池の方向ですが、フェンスがあってこれ以上先には入って行けせん。 
右の写真は、180度向きを変えて、松葉通リ方向(東)を見たもので、この部分も通行不能で、通路にも使われていませんでした。

鴨池からルートⅠ③ 久我山住宅ルートⅠ①
松葉通リから鴨池側方向(西)を見る。      松葉通リから久我山住宅方向(東)を見る。

この辺りの烏山川跡は、緑道に整備されていない上に、通路として通る事も出来ませんが、川の痕跡は残っています。

久我山住宅ルートⅠ② 久我山住宅ルートⅠ③
久我山住宅の敷地内に入っても、しばらくは烏山川の痕跡はあるのですが、右の写真の辺りで突然烏山川の痕跡はなくなってしまいます。
(地図で言うと、上の段右側の地図で、二本あるうちの上の水路が途中でなくなっているのが分かります。)

PageTop

世田谷線

今日紹介するのは、昔は玉電と言われていた世田谷線です

僕が子供の頃はチンチン電車と言う感じでしたが、今ではこんなにカラフルな車輌になっています

世田谷線 オレンジ  世田谷線 ピンク

世田谷線 ブルー  世田谷線 薄グリーン
僕が確認出来ているのはこれらの4色と

世田谷線三軒茶屋 グリーン
唯一ツートンカラーのこの車輌ですが、他にもあるかも知れません
ご存知の方か、教えてください
ちなみに、この写真は三軒茶屋駅なのですが、レトロな感じで、ちょっとカッコいいですね

昔の世田谷線が懐かしい方は是非、宮の坂駅に行ってみてください

世田谷線601号
宮の坂駅に隣接した、世田谷区の施設の一角に昔懐かしい車輌が展示されています

江ノ電601号略歴

600形正面スタイルの変化


世田谷線を利用した事のある方は、当然ご存知だとは思いますが、世田谷線には面白い踏み切り? があるんです
世田谷線踏み切り 紫  世田谷線踏み切り 薄グリーン
電車が近付いているのに、何故か踏切が閉まっていないし、それどころか平然と電車の前を歩いている人がいます

何故かと言うと

環七と世田谷線が交差する若林踏切では、遮断機が無く、信号で電車の方も止るのです

こんな、見所が沢山ある世田谷線「世田谷線(玉電)が走る」として、せたがや百景にも選ばれています
せたがや百景の冊子には「東急世田谷線は三軒茶屋と下高井戸を結んでいる。住宅街を縫って走る沿線にはのんびりした風情がただよい、百景に選ばれ所も多い、玉電と呼ばれて、多くの区民から愛されている。」とあります

PageTop

仙川

千歳烏山を語る上で、この仙川も外す事は出来ません?

仙川甲州街道から見る
旧甲州街道に架かる大川橋からみた風景です
仙川は今と違って、僕の子供の頃(30~40年くらい昔)は、ドブ川の様な汚い川だったと思いますが、この辺りにはなんとなく、その頃の面影があるような気がします
(水は綺麗に成ったんですけどね)

仙川春の給田桜
仙川を南下し、烏山小学校を過ぎると、かなり風景が変わります

仙川の鴨
乗り出して良く見ると、や大きなが泳いでいます

仙川春の上祖師谷菜の花
上祖師谷まで下ると、川の両岸には住宅が建ち並んでいます

仙川の白鷺
昔なら、仙川沿いに住みたいとは思わなかったかも知れませんが、今なら窓から白鷺を見ることも出来ます
写真には撮れませんでしたが、この日確かに、白鷺の横をカワセミが飛んで行きました
驚きました

また仙川には、いくつかの可愛らしいデザインの橋が掛っています
仙川宮前橋
烏山小学校正門横の宮前橋

仙川黒橋
その隣の黒橋、 何で黒橋なんでしょう
昔は黒い橋だったのでしょうか?

仙川祖師谷中橋
駒大グランド近くの祖師谷中橋
祖師谷中橋世田谷区の地域風景資産に選ばれています

仙川を更に南下すると、以前に紹介した祖師谷公園です
祖師谷公園を御覧になりたい方は《こちら》をクリックしてください
春の祖師谷公園仙川沿いの桜を御覧になりたい方は《こちら》をクリックしてください

仙川は野川と合流し、最後は二子玉川で多摩川に流れ込みます
いつか二子多摩川までの仙川を、紹介したいと思います

PageTop

さかなや道場 ランチ

    芦花公園駅前のサミットストアー2階さかなや道場、今日はランチでの紹介です

          魚屋道場外観②
          これは夜の写真です
          たぶんランチの時は、ちょうちんに火は入っていないと思います

          さかなや道場海鮮チラシ
          海鮮チラシ 680円
          流石にさかなやと言うだけあって、お刺身は美味しかったです
          +180円で御替り自由の、飲み物を付けることも出来ます

          さかなや道場ランチメニュー
          メニューは、写真をクリックすると拡大します

店内は広くて綺麗、それに芦花公園駅前にはランチが出来るお店が少ないので、重宝しています

PageTop

国立新美術館

御存知、六本木の国立新美術館です
六本木には、他にも六本木ヒルズミッドタウンなどの名所がありますが、商業施設ではないこの美術館が、六本木では一番好きな場所ですね
    国立新美術館外観斜め
    外観も面白いですが

    国立新美術館内観③
    内部も、楽しい建物です
    巨大なアトリウム部分は入場料は掛りません
    無料のエリアだけでも充分楽しめますよ

    国立新美術館内観②
円錐形を逆さまにした上は、高級レストランになっていますよ
このレストランは少々お高いのですが、地下とアトリウムの1階フロアでは、リーズナブルに軽食をとる事も出来ます

    国立新美術館\ケーキセット
    1階フロアで注文すると、外のテラスでもお茶することも出来ますよ

    国立新美術館テラスからの眺め
    テラスからは、都心の真ん中とは思えない風景が・・・
    でも、ちゃんと六本木ヒルズも見えてます

 雀② 雀①
 緑が多いので、こんなに近くに雀達もやってきました

    国立新美術館テラスから見上げ
    最後は、テラスからの見上げた空をどうぞ

    国立新美術館は地下鉄六本木駅から、徒歩数分です

PageTop

ラーメン 江戸壱

チトカラのラーメン店と言うには、少し遠いとは思いますが、そろそろ烏山のラーメン店は紹介し尽くしたので、範囲を広げてみました

          江戸壱①
ラーメン 江戸壱は、環八近くの首都高速の高架下の道沿いに在ります
以前から、江戸壱のことは知っていましたが、少し先にスパーバリューが出来たので、最近は時々前を通るんです

江戸壱②
値段はけっこう高めですね

          江戸壱③
     座席は立ち食いのカウンターだけに見えましたが、奥にこんな座席がありました

          江戸壱④ 
          ラーメン 700円

          江戸壱⑤
          塩ラーメン 700円

     見ての通リ、とてもシンプルなラーメンですが、味はなかなか美味しかったです
     ただ、量もかなり少ないので、もうちょっと安くてもいいかなとは思いました

     場所/杉並区高井戸東2-3-6

PageTop

烏山区民センター

思うところがあって、しばらく休んでいたので、約7週間ぶりの更新です
随分永い充電期間になってしまいましたが、今後は週2~3回程度は、真面目に更新して行きたいと思っています

  復活第一弾は、烏山の顔と言ってもいい烏山区民センターからです
  烏山区民センター①
京王線千歳烏山北口の、商店街の只中に在る烏山区民センターは、元は烏山小学校が在った場所で、大正9年から、現在の給田に移転する昭和39年まで、多くの卒業生を輩出しました
僕の記憶が正しければ、烏山区民センターが建てられたのは、昭和50年頃だったと記憶しています

  烏山区民センター②
烏山区民センターは世田谷区役所の出先機関として、住民表取得などの手続きが出来る上、435人収容できるホールの他、卓球の出来る体育施設図書館があります
その他にも、音楽室、料理講習室、茶室、大広間、大小各会議室もあります

また、この区民センター前の広場も、先日行われた夏祭りや住宅デー、子供祭り、園芸祭、の他バザーや各種の催し物に利用されていますが、何年かに一度、選挙の前には総理大臣もやってきます
  麻生総理が烏山にやってきた①

  麻生総理が烏山にやってきた②

  麻生総理が烏山にやってきた④
  麻生総理の演説への評価はともかくとして、街に広場が在るのって、いいと思います

  烏山区民センター前広場冬の夜景
  最後に、烏山区民センター前広場の冬場の夜景です
  銀杏や植え込みに飾られた、イルミネーションも冬場の恒例になっています

PageTop