ちとから散策

京王線、千歳烏山をテクテク歩いてみました

白游居

南烏山一丁目、最寄り駅では京王線芦花駅から4~5分の場所に、こんな建物を見つけました

  
  2、3階の白い外壁も目を引きますが、濃い茶色に塗られた一階部分を良く見ると

  各ENT外観
  玄関が並んでいるのがわかります
  どうやら普通のマンションではなく、長屋形式の建物のようです
  (長屋形式とは、簡単に言うと共用の廊下や階段のない集合住宅のことです)

  ENT外観
  その中の一室は、何と玄関扉の横の窓から浴槽が見えてるじゃありませんか!

  北東側外観
  道路側でない立面も、裏っぽい感じはなく

  道路側見上げ
2畳位の広さのテラスが、あちこちに見えていますが、玄関の数と同じ8つのバルコニーがあるようです
  
        館銘
        館名を探してみると、小さな文字で白游居と書かれていました
        是非、内部を見てみたい、気になる建物です

        そんな、気になる白游居の内部を見る機会が偶然訪れました。
        内部の様子は次回ご覧いただきます。

PageTop

特集!! 烏山川緑道を行く-⑰

  今回の烏山川緑道を行くでは、国道20号~京王線までを歩きます。

  20号からグローリオ側を見る
  20号を渡り、歩道から烏山川跡を見た写真です。
  グローリオが完成しても、この部分の緑道への整備は行われないのでしょうか?

  グローリオの隣り①
  立ち入れない部分を反対側(旧道側)から見ています。
  フェンスの下に緑地帯が作られています。
  この辺りの様子だと、もしかすると通れるようになるのかもしれないですね。

  グローリオの隣り②
  同じ場所から180°方向転回し旧道側を見る。
  ここからは昔から通れました。

  分かれ目
  この通れる部分と通行出来ない部分の境目は、ちょっと前までこんな感じでした。

  旧甲州街道を渡る
  少し進むと旧甲州街道にぶつかり

  第二千歳湯横
  第二千歳湯のところでクランクします。

  第二千歳湯
  一年前の第二千歳湯

  第二千歳湯辺り
上の二枚の写真は一年ほど前の写真なのですが、先日行ってみると、第二千歳湯はなくなっていました。

  ラルゴが見えてきました
  第二千歳湯横のクランクを抜けると、ラルゴ芦花公園が見えてきます。

  ラルゴ横

  京王線とぶつかる所
  ラルゴの東側を抜けると京王線にぶつかります。

ここで烏山川緑道烏山地区ルートⅠ(東側ルート)は、第16弾の公団芦花団地につながります。

PageTop

烏山神社の例大祭

  もう直ぐ、烏山神社例大祭ですね
  毎年必ず雨が降ると言われていますが、今年の天気はどうでしょうか?

  烏山神社例大祭のお知らせ①

         烏山神社例大祭のお知らせ②
         9月23日(水)に前夜祭
         9月24日(木)に大祭
が行われます

ついでと言うわけではないのですが、給田、上祖師谷、粕谷の神社の例大祭も調べてみました


         六所神社本殿
給田 六所神社 にはポスターのようなものは貼っていませんでしたが、教育委員会の看板には毎年10月6日が例大祭と書いてありました


         上祖師谷神明社例大祭のお知らせ
 
         神明社例大祭のお知らせ
         上祖師谷 神明社 の例大祭は10月3日(土)と10月4日(日) 


         粕谷八幡神社例大祭のお知らせⅠ

         粕谷八幡神社例大祭のお知らせ
    粕谷 八幡神社 は10月11日(日)に宵宮祭、10月12日(月)に大祭式典が行われます

         あなたの氏神さまは何処ですか?

PageTop

念佛堂建て替え工事

去年の12月に、突然解体されてしまった念佛堂の建て替え工事が、ほぼ? 終了したようです

081218解体中  090414建て方①
解体工事 (08-12-18)               建て方 (09-04-14)
090416上棟①  090416上棟②
上棟式 (09-04-16)                上棟式 (09-04-16)

旧念佛堂が解体されたのは、去年の暮れだったにも関わらず、建て方が始まったのは4月に入ってからでした
 
  090821そろそろ完成.
  この写真は8月のお盆明け頃のものですが、建築工事はほぼ終わっています
  手前のクリーム色の建物は、仮設の建物なので、完成後に取り壊されるのだと思います
  本堂は銅板葺きの立派な建物なのですが、グレーの屋根の付属棟は普通の建物です
 
  090909完成
  こちらは今月9日の念仏堂
  既に完成しているようなのですが、落成式のようなものは、まだ行われていません

  昔の念佛堂を見たい方は 【こちら】 をクリックしてください

PageTop

魚民 ホルモン おいで屋

不景気の影響なのか、焼肉屋よりホルモン屋が好調だとは聞いていましたが、最近ちとからにも二軒のホルモン屋がオープンしました

           おいで屋看板
           その一軒がホルモンおいで屋

「オープンした」とは言いましたが、ホルモンおいで屋は、元々あった魚民の半分をホルモン店にしたものです

           おいで屋店内
  店内は、これも今流行の60年代の日本映画のポスターが貼られた、昭和レトロな雰囲気

           おいで屋店長お勧めホルモン焼きセット
           こちら、店長お勧めのホルモンセット(1628円)

           ホルモン焼いてます
           ホルモンって、つい焼き過ぎて、小さくなっちゃうんですよね

ホルモンなので焼肉よりはよっぽど安いと思い、ホルモンだけでなくタンやカルビも注文し、ビールも何杯も飲んでしまったので、焼肉屋に行くより、かえって高くついてしまいました

魚民 ホルモン おいで屋は、烏山区民センター前のメイン通リ沿いにある、オオゼキの入っているビルの3階です

PageTop

月島でもんじゃ焼きを食べました!!

    昨日は十数年ぶりに、月島でもんじゃ焼きを食べてきました 

    西仲通リ
建築士会の在る勝どき橋や豊洲には最近も何度も来ているのに、月島のもんじゃ通リ(西仲通リ)来たのは、十数年ぶりででしょうか

           もんじゃ太郎
西仲通リには50軒近くもんじゃ屋さんは在るのですが、お腹が空いていた上に、喉も渇いていたので、食べるのは早々に、このもんじゃ太郎に決めました

 もんじゃ調理風景① もんじゃ調理風景②   
 もんじゃを食べるのは久しぶりだったので、お店の方に作ってもらいました

 もんじゃ完成① もんじゃ完成①
 左か次郎もんじゃで、右がそばもんじゃです

    適当に入った店でしたが、美味しくて、店員さんの感じも良い店でした


    仲西通リの看板建築
月島には、古い建物が多い所なので、食後は建物の写真を撮りながら勝どき橋まで歩きました

    月島の路地①
    一歩路地に入ると、情緒ある街並みが残っていました

月島の地図
地図はクリックすると拡大します

PageTop

特集!! 烏山川緑道を行く-⑯

前回紹介した、鴨池から始まった烏山川と言われる2本の水路のうち、僕が「ルート-Ⅰ」は、下の地図の中央上部の紫のの辺り(公社久我山住宅から公社北烏山住宅の敷地に入る辺り)で、川の痕跡が無くなってしまい、右下部の紫のの部分迄のルートが不明です。
その間のルートは、地図に描いた2通リが考えられます。
snap_chitosemura_20099393855.jpg

  公社烏山北住宅ルートⅠ① 
こちらはブルーのの部分、地形から考えると、僕はこのルートが有力だと思っているのですが 

  公社烏山北住宅ルートⅠ⑨ 
  赤いの部分には、細いながらも、このような明らかな痕跡があるのです。 

  どちらが正しいルートかを調べるのは、今後の課題にする事として、先に進む事にします。

  公社烏山北住宅ルートⅠ②
  中央高速をくぐると、しばらくは烏山川跡は歩道に利用されていますが

 公社烏山北住宅ルートⅠ③  公社烏山北住宅ルートⅠ④
 この部分は通路にも使われていませんが、柳が植えられていて、なんとなく川っぽい感じです。

  公社烏山北住宅ルートⅠ⑤
  橋の痕跡を発見!  この団地の敷地内の橋は、全てこのデザインです。
 
 公社烏山北住宅ルートⅠ⑥  公社烏山北住宅ルートⅠ⑦
 左の写真にも橋の痕跡があります。     
 右の写真の道路の先には国道20号が見えてきました。 

  公社烏山北住宅ルートⅠ⑧ 
烏山川跡は国道20号にぶつかりますが、20号の向こう側にも烏山川の痕跡らしきものが見ます

PageTop

南蛮茶館

僕が学生だった30年位昔は、千歳烏山には喫茶店が沢山、そうですね30店くらいはあったと思いますが、今はドトールコーヒーの様な店は何軒か出来ましたが、純喫茶と言える様な昔ながらの喫茶店は、この南蛮茶館だけになってしまいました

           南蛮茶館外観

           南蛮茶館内観

外観もいい感じですが、店内も落ち着くインテリアです
この感じは、ドトールコーヒーでは味わえません
勿論、烏山で本物の美味しいコーヒーを味わいたい時も、南蛮茶館に行く他は無いでしょうね

昔通った、懐かしいコーヒー館コロラドオレンジハウスはいったい何時、無くなってしまったのでしょうね?


所在地/世田谷区南烏山5-13-2

PageTop