ちとから散策

京王線、千歳烏山をテクテク歩いてみました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

三代目茂蔵

 今月中頃、千歳烏山駅北口駅前のスバルビルの1階に、豆腐の販売店がオープンしました。

    外観①
    烏山区民センター前広場の隣の、不動産屋さんの在った場所です。

        外観②

    茂蔵 商品①

    茂蔵 商品②
    早速、幾つかの商品を買ってみました。

スポンサーサイト

PageTop

上野毛自然公園

二子玉川から丸子川沿いの道を下ると、幾つかのせたがや百景に選ばれた地域に出会います。

今日は二子玉川駅から徒歩で12~15分程度の、上野毛自然公園を紹介しましょう。

  上野毛自然公園①
自然公園と言うだけあって、自然の地形をそのままに公園にしているので、園内にはかなりの高低差があります。

  上野毛自然公園③
公園内の大半が緑の生い茂る崖地で、階段は地形や生態系を壊さない為の考慮からか、ご覧の通りの鋼製階段です。

  上野毛自然公園②
  こんな公園、見たことがありません。

  上野毛自然公園④
  長い鋼製階段を登りきると、桜並木が広がっていました。
  桜の咲く季節には、さぞや花見の客で賑わっていた事でしょう。

         上野毛自然公園⑤
         どれも立派な大木でしたが、中でもこの桜が一番の巨木だと思います。

せたがや百景の冊子には「崖線の斜面を利用した公園で、木々の間を縫うように階段が上へ伸びている。斜面をおおう深い緑は野趣に富んでおり、台地から多摩川沿いの低地にかけてできた崖の植物相を観察できる。階段を登りきると桜の林が広がっている。」とあります。

PageTop

上祖師谷パンダ公園

  祖師谷公園の東側、上祖師谷3丁目にこんな公園が在るのを御存知でしょうか?

  上祖師谷パンダ公園①
僕はこの公園の名前を上祖師谷公園だと思っていたし、地図にもそう書いてありますが、年期の入ったこの看板見る限り、かなり昔から上祖師谷パンダ公園と呼ばれていたのでしょう。

  上祖師谷パンダ公園②
  年期の入った動物のオブジェの中にもパンダが居ます。

  上祖師谷パンダ公園③

  上祖師谷パンダ公園⑤
  公園の彼方此方にパンダが点在しているのが分かりますね。

  上祖師谷パンダ公園④
  園内には池や藤棚があり

  上祖師谷パンダ公園⑥
  こんな枯倒木のオブジェまで在るんですよ。

  ケヤキの大木が夏には木陰を作り出し、春には桜が綺麗です。 

  桜の頃の写真は ⇒ 《 美しい満開ま桜と少女の銅像 》

PageTop

羽根木神社の参道

和田堀給水場の近く(道を挟んで南側)に、小さな神社が在るのは知っていましたが、その神社の名前が羽根木神社と言うことと、その参道がせたがや百景の一つだとは知りませんでした。

        羽根木神社の参道①
        この数本並んだケヤキの古木が参道の名残りの様です。

        羽根木神社の参道③
        手前の二本は枯れてしまったのでしょうか?
        一本目は根元から、二本目は2M位の高さで切られています。

        羽根木神社の参道②
  せたがや百景の石碑は見つけられませんでしたが、これを見れば間違いはないでしょう。

せたがや百景の冊子には「都水道局和田堀給水場近くに羽根木神社の小さなお社がある。今は住宅が建て込んで、農村だったころの面影はほとんどないが、社まで続いた参道のケヤキ並木が地元住民の運動によって一部残されている。風景変遷のものいわぬ証人だ。」とあります。
冊子に載っている写真は、一番上の写真とほぼ同じアングルで撮られていました。
何処にでも在りそうな風景なので、近所に住んでいても、ここがせたがや百景の一つとは、知らない人も多いのではないでしょうか?

時々このように、数本並んだプチ並木を見掛けますが、近くの神社の参道の名残なのかもしれないですね。

  羽根木神社の参道④
  最後になりましたが、こちらが羽根木神社です。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。