ちとから散策

京王線、千歳烏山をテクテク歩いてみました

地上の星?

  昨日は打ち合わせで府中に行ってきました。
  京王線は運行数を減らしているものの、動いていると言うことでしたが

  停電④

日中は節電の為、御覧のように車内の照明は消されて、暖房もしていませんでした。
最初は少し「暗いな」と思いましたが、昼間なので問題が有るわけもなく、目も直に慣れました。
暖房をしていない事を予想していなかったので、足元が冷え、いつもの厚手の靴下をビジネスソックスに履き替えて来たことを、少し後悔しました。でも、この程度の省エネは普段からも行うべきだと思います。

府中駅でも、様子が違っていました。
おかげさまで烏山はまだ一度も停電をしていなかったのですが、府中駅の構内では電気が点いているものの、改札を出ると商店の明かりは消えています。

      停電①
      信号機もこの通り。

  停電②

大国玉神社前の旧甲州街道のT字路では、近くの交番のお巡りさんでしょうか。二人のお巡りさんが交通整理を行っていました。
日中で明るいから良いようなものの、中央分離帯や安全地帯ではなく、車道の真ん中に立って交通整理を行うのは、結構怖いのではないでしょうか?
雨の日や、夜に停電になったら危険度は相当に高くなるはずです。

  停電③

国民の生命を守るべく、被災地で懸命に救助や援助活動を行っている、自衛隊員や消防隊員や警察官の皆さん、本当ご苦労様です。
任務を果たすべく、まさに命掛けで原発事故に取り組んでいる東京電力の皆さん、どうか頑張ってください。
このお巡りさんのように、停電の地域でも頑張ってくれている警察官の皆さんや鉄道職員の皆さん、ありがとうございます。

自民党の谷垣総裁入閣を打診した菅総理の要請を断ったと新聞に載っていました。
菅総理小沢元代表鳩山前総理前原前外務大臣らも官邸に呼んで意見を聞こうとしているようです。
こんなときぐらい、皆で力を合わせてほしいと思いますね。

PageTop

3月17日のチトカラ停電&京王線運行状況

17日の停電情報です。
世田谷区内で計画停電の地域分けで、下記の地域が第4グループに含まれています。
第4グループに含まれているのは
東玉川、大蔵、祖師谷、成城、玉川田園調布、砧、喜多見、鎌田、岡本、奥沢、宇奈根です。

第4グループは
18時20分 ~ 22時00分 の時間帯に停電するかも知れません。

東京電力のホームページをご覧ください。


京王線の運行状況です。
京王線は東京電力による計画停電の実施に伴う更なる使用電力削減のため
03月17日 09時29分現在
3月17日(木)の昼間時間帯において、運転本数の削減を行います。
下記以外の時間帯(朝・夕間)は、京王線・井の頭線全線でほぼ平常どおり運転いたします。 
【京王線】 
・10時頃~16時頃までの間、一部列車を運休します 
 ※特急列車と一部の各駅停車を運休します 
 ※準特急列車は、北野以西(北野~高尾山口)が各駅停車扱いとなります 
 ※急行列車は、相模原線内(調布~橋本)が各駅停車扱いとなります 
 以上により、高幡不動以西(高幡不動~京王八王子・高尾山口)は、概ね20分間隔の運転、相模原線(調布~橋本)は概ね10分間隔で各駅停車のみの運転となります。 
・競馬場線・動物園線は、10時頃~18時頃までの間、運休します 
【井の頭線】 
・10時頃~16時頃までの間、急行列車を運休し、各駅停車のみ概ね5~7分間隔の運転 

京王電鉄のホームページをご覧ください。

PageTop

計画停電

3月11日に発生した、東日本・関東大震災の影響で、首都圏でも買い付け騒ぎが発生し、一時スーパーから物が無くなり、ガソリンスタンドにも行列が出来ていました。
週が明けた昨日からは、計画停電による影響で京王線も調布から先の運行が一時的にストップして、昨日は調布駅周辺にも、都心部に出勤しようとする、長い列が出来ていました。
南烏山は昨日は計画停電の地域分けで、第4グループに含まれていましたが、先ほど東京電力のホームページを確認したところ、現在は計画停電の地域から外れているようです。

但しこの地域分けの範囲が何時変わるか分かりません。
こまめに東京電力のホームページを確認してください。

現在世田谷区内で計画停電の地域分けで、第4グループに含まれているのは
東玉川、大蔵、祖師谷、成城、玉川田園調布、砧、喜多見、鎌田、岡本、奥沢、宇奈根です。

PageTop

決してカーテンの開かない家

    去年の夏ごろ、チトカラにお洒落な住宅が完成しました。

    ガラスの家①
この写真は完成直前撮ったものです。
チトカラの街中の建物にも関わらず、2階の殆ど全てがガラス張りです。
以前に紹介した「窓も玄関もない家」とは、まるで正反対の発想で建てられているようです。

    これじゃ家の中が丸見えだなと思っていると
    ガラスの家②
1階の全てと、2階の腰壁部分までを覆うような、ガルバニウムをパンチング加工した折板が取り付けられ、窓にも白いロールスクリーンが取り付けられました。

    ガラスの家③
この目隠し壁が取り付けられて、道路からは室内が丸見えと言うわけではなくなりましたが、お向かいには3階建ての建物が建っているので、そこからは室内が良く見えてしまうと思います。

このチトカラの硝子の家が竣工したのは、去年の猛暑の頃でした。
そして初めて迎えた冬は、運悪く近年にない寒い冬となってしまいました。
特殊なガラスを使っていないこの家は、去年の夏は想像を超える暑さだったと予想され、この冬は寒さで大変なのではないでしょうか?
それに折角開放的なガラス張りのデザインにも関わらず、ロールスクリーンが上がっているところを見たことは殆どありません。( 3日に一度は前を通るのですが )

公園のように広い敷地の真ん中や、プライベートビーチにでも建っていたら、さぞや素敵な家だとおもうのですが・・・?

PageTop

人の膝の上で暖をとる猫 Ⅲ

最近僕は、運動不足解消のために、プールに行かない日には、30~40分程、散歩かジョギングをしています。

          人の膝で暖をとる猫さんA.
散歩も何日かすると飽きてしまうので、あの芦花公園の猫達に会いに行くことにしたのですが、残念ながら毎日会えるわけではありません。

  この日も「会えないのかな」と、諦めて通り過ぎようとすると
  人の膝で暖をとる猫さんB
  降り積もった枯葉のベッドの中で、夫婦(?)仲良く寄り添っていました。

  人の膝で暖をとる猫さんC
  
  人の膝で暖をとる猫さんD
  本当に仲の良さそうな2匹です。

実は、我が家の蘭は芦花公園で拾われた2匹の子猫のうちの一匹を貰ったのですが、子猫のもう一匹も、手前の茶トラに柄が似ているんです。
もしかすると、この2匹。 本当に蘭の生みの親なのかも知れません。

PageTop