ちとから散策

京王線、千歳烏山をテクテク歩いてみました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

蘆花恒春園

蘆花恒春園「不如帰」「みみずのたわごと」等の多くの名作を著した、明治から大正に掛けて活躍した文豪徳富蘆花が、自らを「美的百姓」と称して晴耕雨読の生活を実践する為に青山から粕谷に移り住み、この地を恒春園と名付けたそうです。

 パンプレット
蘆花恒春園は、徳富蘆花の旧邸や墓地の在る「恒春園区域」と児童公園、草地広場、ドックランなどがある「開放公園区域」に分かれます。

まずは「恒春園区域」から

                蘆花恒春園

           蘆花公春園\竹林
     恒春園区域内には竹林や、蘆花が植えたと言われるクヌギやコナラの雑木林があります。

 

           蘆花の居室2
           秋水書院

           蘆花の居室
           梅花書院
  
           蘆花の家土間
           母屋 

蘆花が粕谷に移り住んだのは明治40年なので、これらの建物は築100年近いと思われます。
 
           蘆花夫妻の墓
           蘆花夫妻の墓

園内には入場無料の蘆花記念館もあります。古い建物ですが、展示内容は意外と充実しています。


こちらが「開放公園地区」

 芦花公園
 草地広場の樹木も、すっかり大木になりました。

                ドックラン
         最近出来たドックラン。多くの愛犬家と犬達の憩いの場になっています。 


                         芦花公園の桜.
           花の丘           
                         若い枝垂桜も綺麗ですが、草花を育てている花壇もあります。

開放公園区域には、児童公園やアスレチックもあります。


芦花公園と粕谷八幡一帯せたがや100景に選ばれています。

蘆花恒春園は駐車場以外は、全て入場無料です。

住所/世田谷区粕谷1丁目


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

地域ガイドのブログ、いいですね。

「みみずのたはごと」か蘆花関連の本でも記載されていた記憶がありますし、私の方のブログで秋水書院の案内板をアップしていますが、秋水書院は1911年に烏山の古屋を解体、移築したので建物の材料は百年以上前ですね。
 母屋は1907年以前からか?

9月20日の午後、蘆花恒春園で記念講演があります。
テーマは蘆花と同志社大の関りだったと思います。

k | URL | 2008年09月14日(Sun)05:35 [EDIT]


9月20日蘆花忌のご案内

 上記で触れた情報を転載します。
講師の太田さんとは7月25日に京都での研究会でお会いしました。
◎蘆花をしのぶ会(蘆花忌)のご案内◎
日時:2008年9月20日(土)午後1時~(献花)・午後1時30分~(講演)
 講演「蘆花と同志社人脈」
 講師:太田雅夫氏(元桃山学院短期大学学長・初期社会主義研究会会員)
場所:蘆花恒春園 梅花書屋前
 (http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index007.html

※蘆花記念館においては、通常の展示に加えて、蘆花と同志社に関する諸
 資料も展示される予定です。

 主催:蘆花会
 後援:財団法人東京都公園協会
 (http://www.tokyo-park.or.jp/profile/index.html



〈お問い合わせ〉
 蘆 花 会
 157ー0063 東京都世田谷区粕谷一丁目20番1号
 蘆花恒春園サービスセンター気付
 電話:03-3302-5016

k | URL | 2008年09月14日(Sun)23:51 [EDIT]


kさんへ

たまに公園を歩くくらいなので、このような講演会が開催されているなんて、全然知りませんでした。
烏山近辺のちょっとした名所や花壇の綺麗なお宅とか、ご存知でしたら教えてください。

凛太郎 | URL | 2008年09月18日(Thu)13:58 [EDIT]


千歳教会跡を検索していたら、粕谷のサイトに…

 粕谷の「名所」? 二つ。

 教育委員会の表示が設置してあるだけの本当に「跡地」の
「千歳教会」一角の農家? に鶏、チャボ? が放し飼いになっています。
 庭木の枝によく上がっています。
 朝の情報番組でも取材されたことがあるらしいです。

 黄昏時に自転車で通り過ぎたときは鶏の「置物」を庭木に
飾ってあるのだとかん違いをしてしまいました。
 
「広味坊」から粕谷区民センターの裏側に向かう道筋にあります。粕谷郵便局の北側、斜め向かい。
 その場所を特定しようとして検索をしていたら粕谷地域「紹介」のサイト、「もとはし野草苑」に出会いました。
 URL
http://www7a.biglobe.ne.jp/~kasuya/kasuya_yasou1.html

 粕谷、祖師谷は自転車で成城学園駅ビル2階の「三省堂書店」に行くときに通過します。
 仙川の崖地に突き当たり都立祖師谷公園の東側を走り、成城学園高校の前に抜けて15分ほどで駅につきます。
 6丁目辺り、当初に分譲されたエリアの建替えが目立ちます。何軒かはトーチカのような圧迫感を感じます。
 昔は街路樹と「塀代りの庭木」が一体感を持っていたように思います。
 三省堂書店の文庫本コーナー横には一人用の椅子が六脚置いてあり年配の方に限らず、休憩をしています。
 自転車は2時間まで無料の南側交番横の駐輪場にとめ、本を買ったあとは「スターバックスコーヒー」で休みます。

 

k | URL | 2008年09月19日(Fri)23:43 [EDIT]


Kさんへ

早速情報を有難うございます。
チャボを放し飼いにしている家は、粕谷では大地主の家で、その家の次男が(三男かもしれません)同級生です。
あまりに当たり前の風景だったので、何とも思っていませんでしたが、良く考えてみると、世田谷の住宅地でチャボの放し飼いは珍しいですよね。早速取材に行ってきます。
私は芦花小・中の卒業生なので、当然本橋農園(名前は知りませんでしたが)も知っていました。
何十年も暮らしていると、新しくその土地に来た方が面白いとか、珍しいとか思うような風景が、当たり前のものになってしまって居る事が分かりました。
そう考えると、旅行をしたり、たまには引越しをする事も、身の回りの大切なものに気が付くのには良いことなのかも知れないですね。
ちなみに私の卒業した高校は都立千歳高校(現芦花高校)なので、どっぷり烏山人間なのです。

凛太郎 | URL | 2008年09月20日(Sat)00:15 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。