ちとから散策

京王線、千歳烏山をテクテク歩いてみました

武家屋敷風の安穏寺

           安穏寺は榎の交差点近くのバス通り沿いに在ります。
           武家屋敷風の安穏寺遠景
           山門は通りから奥まっているので、見過ごしてしまいそうですが

           武家屋敷風の安穏寺山門
           奥は堂々たる門構えです。

           武家屋敷風の安穏寺世田谷100景碑

           安穏寺は武家屋敷風の安穏寺としてせたがや100景にも選ばれています。

           武家屋敷風の安穏寺石碑②
碑には「寛永年間1624~44年に建てられたと言われていますが、一時荒れ果てていたため、詳しいことは不明です。古い墓石には名字を持つ者が多く、謎が深まります。車の往来の激しい坂道に沿って、山門や白壁の塀が黙然と存在しています。」と書かれています。

           武家屋敷風の安穏寺石碑

           武家屋敷風の安穏寺お地蔵様 
           山門を入ると石碑やお地蔵様が在り

           武家屋敷風の安穏寺本堂
           境内の奥に御本堂が見えます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する