ちとから散策

京王線、千歳烏山をテクテク歩いてみました

グローリオ蘆花公園

      今週、新聞の折り込みにグローリオ蘆花公園の値下げの広告入っていました。

      グローリオ蘆花公園
 
     オープンしたのは去年の芦花まつりの頃ですから、竣工後たった5月での値下げです。
     オープン時 8,910万円の部屋が ⇒ 6,130万円
             9,870万円の部屋が ⇒ 7,890万円
             12,420万円の部屋が ⇒ 9,850万円
 
                              いずれも2割以上の大幅な値下げ。

この価格が高いのか安いのかは分かりませんが、近頃千歳烏山近辺では、青山学院跡に建てられた東京テラスや、朝日生命グランド跡に建てられた久我山ガーデンヒルズ、それにエルザ世田谷等の分譲マンションだけではなく、公団芦花団地、公社芦花公園前住宅、公社烏山住宅の築50年前後の公団や公社団地の建て替えも含めると、明らかに供給過多ではないかと思われる程沢山の大型共同住宅郡が建てられています。
建てれば入る、建てれば売れるという時代は、もう終わったのでしょう。

セコムも、設計管理に大手組織事務所の石本建築事務所、さらに有名建築家の芦原太郎を総合監修を起用しましたが、販売促進には、あまり結び付かなかったようです。

マンションの目の前に千歳ホテルが在ることも、拙かったと思うのは僕だけでしょうか?
(千歳ホテルも買い取っちゃうのは、無理だったんでしょうね)
公団烏山第一団地も、着々と立ち退きと解体が進んでいますが、やっぱりマンションが建つのでしょうか?

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する