ちとから散策

京王線、千歳烏山をテクテク歩いてみました

「砂の器」ゆかりの地

あの松本清張「砂の器」には、千歳烏山近辺の地名が、何回か登場します。

「粕谷の広い国道」「千歳烏山行きのバス」などの他に「千歳船橋駅」も登場します。
中でも一番具体的なのは「祖師谷大蔵駅から広い道を真直ぐ行った明神神社」と言うところでしょう。
駅前通りの祖師谷通りは、決して広い道ではありませんが、真直ぐ烏山方向に歩けば、通りを少し入った所に神明社 ( 祖師谷5丁目 )と言う神社があるのです。
  祖師谷5丁目の神明社①

        祖師谷5丁目の神明社②

明神神社神明社では、上下を逆さまにしているだけです。
上祖師谷にもせたがや百景にも選ばれている、同じ名前の神社が在りますが、文面から察するに、モデルになっているのは祖師谷5丁目の神明社の方だと思います。
小説の中の事件の一つが起こるのは、「明神神社の近くに在る久保邸の離れ」なのですが、住宅地図で探しても、勿論久保邸は存在しませんでした。

また、映画「砂の器」では、設定が変えられているので、千歳烏山近辺の地名は、残念ながら登場いたしません。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する