ちとから散策

京王線、千歳烏山をテクテク歩いてみました

羽根木神社の参道

和田堀給水場の近く(道を挟んで南側)に、小さな神社が在るのは知っていましたが、その神社の名前が羽根木神社と言うことと、その参道がせたがや百景の一つだとは知りませんでした。

        羽根木神社の参道①
        この数本並んだケヤキの古木が参道の名残りの様です。

        羽根木神社の参道③
        手前の二本は枯れてしまったのでしょうか?
        一本目は根元から、二本目は2M位の高さで切られています。

        羽根木神社の参道②
  せたがや百景の石碑は見つけられませんでしたが、これを見れば間違いはないでしょう。

せたがや百景の冊子には「都水道局和田堀給水場近くに羽根木神社の小さなお社がある。今は住宅が建て込んで、農村だったころの面影はほとんどないが、社まで続いた参道のケヤキ並木が地元住民の運動によって一部残されている。風景変遷のものいわぬ証人だ。」とあります。
冊子に載っている写真は、一番上の写真とほぼ同じアングルで撮られていました。
何処にでも在りそうな風景なので、近所に住んでいても、ここがせたがや百景の一つとは、知らない人も多いのではないでしょうか?

時々このように、数本並んだプチ並木を見掛けますが、近くの神社の参道の名残なのかもしれないですね。

  羽根木神社の参道④
  最後になりましたが、こちらが羽根木神社です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する