ちとから散策

京王線、千歳烏山をテクテク歩いてみました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

上野毛五島美術館一帯

上野毛自然公園から徒歩で10分足らずの場所に上野毛美術館は在ります。
車の交通量は少なく静かで緑も多いので、二子玉川からの散歩コースには最適なのですが、きつい坂道が多いので自転車での移動は考え物です。

  五島美術館①
  塀の切れ間が美術館の入口。
  五島美術館前の道にも車はほとんど通りませんが、それでも駐車場はちゃんとあります。

  五島美術館③
  
  五島美術館②
こちらの立派な和風の門は、普段は使われていないのか、美術館の開館時間も閉じられたまま。

五島美術館は緑に恵まれた静かな住宅街に溶け込むように存在し、国分寺崖線の斜面を利用した庭園と、心休まる癒しスポットを作り出しています。
  
  五島美術館④

この日の散策では、美術館と庭園には入場しませんでしたが、次回は是非、故五島慶太氏の美術コレクションを鑑賞し、崖線を利用した日本庭園も、ゆっくり時間を掛けて散策したいと思います。

  五島美術館⑤
 
  せたがや百景の他にも、2つの石碑が並んでいます。

 五島美術館⑥ 五島美術館⑦
 (石碑の写真はクリックすると拡大します) 

五島美術館上野毛五島美術館一帯としてせたがや百景に選ばれています。
石碑には「実業家として知られている故五島慶太氏が50年間にわたり収集した古美術品が収蔵展示されている。美術館の建物は美しい和風建築で、崖線の斜面に広がる自然のままの庭園に野仏を配している。美術鑑賞のあとの散策に四季それぞれの趣きを見つけることができる。」と書かれています。 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。