ちとから散策

京王線、千歳烏山をテクテク歩いてみました

法華宗妙壽寺

  きょうは烏山寺町に在る法華宗 妙壽寺を紹介しましょう。

  法華宗妙壽寺①
  法華宗 妙壽寺                      所在地 / 世田谷区北烏山5-15-1

  門構えも銀杏の巨木も大変立派ですが、境内に建つ建物も大変立派なものでした。

妙壽寺は寛永8年(1631年)に、江戸谷中清水町に開基した法華宗本門流の寺院で、寛文2年(1662年)には深川猿江村に移り、後に猿江村鎮守稲城社別当となり、寛禄4年(1691年)には合併しています。
関東大震災での焼失後、北烏山のこの地に移転しました。

        先ずは本堂から
        法華宗妙壽寺⑥
        敷地の奥に建つ鉄筋コンクリート造の大変大きく立派な本堂です。

  この立派な本堂よりも、是非紹介しておきたい、凄い建物が在るのです。

  法華宗妙壽寺⑦
  妙壽寺客殿

  法華宗妙壽寺③

  法華宗妙壽寺⑨
  一目で、この思わぬ建物との出あいに、僕の眼は釘づけになってしまいました。

  法華宗妙壽寺⑧
京都にでも在りそうな建物ですが、関東大震災後に妙壽寺が北烏山に移転したさい、港区麻布台の鍋島家邸宅に在った2階建の和風住宅 ( 明治37年築 ) を、昭和2年にこの地に移築して庫裡とし、平成7年からは庫裡を新築した別棟に移し、この建物は客殿とされています。

  法華宗妙壽寺⑩

  法華宗妙壽寺⑫

  法華宗妙壽寺⑪


  さらに境内の見どころは、客殿本堂だけではありません。

  法華宗妙壽寺②

        法華宗妙壽寺④
        太田近江大椽藤原正次郎作の梵鐘
 鐘には大正12年の関東大震災のおりの猛火により、破壊された跡が痛々しく残っています。

  法華宗妙壽寺⑤

 
  法華宗妙壽寺⑬
 
  法華宗妙壽寺⑭

        法華宗妙壽寺⑮

        山門横の銀杏の巨木も見事でしたが、この竹林も見応え十分です。      

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する