ちとから散策

京王線、千歳烏山をテクテク歩いてみました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

山本有三記念館

今日紹介する山本有三記念館は千歳烏山駅から自転車なら30分程度、バスなら吉祥寺行きに乗り万助橋下車して徒歩1~2分の井の頭公園三鷹の森ジブリ美術館の近くの玉川上水沿いに在ります。

    山本有三記念館北側外観
    かなり以前に撮影したので、雪景色の写真です

    山本有三記念館南側外観
    庭園側から撮る
    この2枚の写真で分かるように、この建物には3本の煙突がありますが、 
    記念館にはいくつもの暖炉が在るんです。

          山本有三記念館玄関暖炉
          玄関ホール横の暖炉
          手斧削り柱と梁、職人さんの手造り痕跡の残るこの仕上げは、
          昔は多くの建物で見られました。

    山本有三記念館1階室内2

    山本有三記念館1階室内1
    展示室A(旧応接室)には左右に一つづつの暖炉があります。

          山本有三記念館\山本有三記念館1階室内4
          応接室の隣に、テラスを取り囲むように配置された展示室B(著書コーナー)
          半円アーチの窓が特徴です。

          山本有三記念館玄関ホール
          玄関ホールから階段を見る
          右手が暖炉、左手が応接室、階段の横の扉はトイレです。

          2階には撮影禁止の和室の書斎が在ります。

    山本有三記念館路傍の石
雪で隠れていますが、この石は山本有三氏の代表作「路傍の石」にちなんで路傍の石と呼ばれています。

この建物は大正15年に別荘として建てられ、有三氏は家族と共に昭和11年から、進駐軍に接収される昭和21年まで暮らし、その間に「路傍の石」「はにかみやのクラブ」「ストウ婦人」、戯曲「米・百俵」などの作品を生み出しました。

    山本有三記念館路傍の説明

    参考/山本有三記念館パンフレット

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。