ちとから散策

京王線、千歳烏山をテクテク歩いてみました

世田谷八幡宮

世田谷八幡宮は世田谷線宮の坂駅近く、豪徳寺が駅東側、世田谷八幡宮は駅の西側に在ります。
正面の鳥居はここらではあまり見ない、立派なものです。

           世田谷八幡宮鳥居
           赤い鳥居の奥に石造りの白い鳥居が見えます。

       白い鳥居を潜ると石段があり、登りきると正面に立派な本殿が見えてきます。
           世田谷八幡宮本殿

この世田谷八幡神社は、寛治5年(1091年)に後三年の役に勝利した源義家が帰路の折に豪雨を避けて立ち寄った宮の坂の地に勝利を祝って創建したものと言われ、1546年には世田谷領主の吉良氏によって、神殿が建てられ、神社として整備されたようです。

         緑も深く、夏でも涼しい広い境内には、他にも色々な見所があります。
           世田谷八幡宮祠
           正面の赤い鳥居を入って直ぐ右側には、池に浮かぶ祠が在り

           その裏側には
           世田谷八幡宮土俵
           9月15日の例大祭で奉納相撲が行われる土俵が在り

           相撲と関係あるか如何かは定かではありませんが
           世田谷八幡宮力石
           本殿の周りには力石

           世田谷八幡宮舞台
           祭事に使われる舞台

           世田谷八幡宮手水舎
           手水舎

           世田谷八幡宮社務所
           社務所の造りも立派です。

世田谷八幡宮世田谷線宮の坂駅から、徒歩2~3分です。
この連休に、招き猫の豪徳寺と合わせて、訪れてみるのも良いのでは・・・。

豪徳寺と世田谷八幡宮は、招き猫の豪徳寺奉納相撲の世田谷八幡として、共に世田谷100景に選ばれています。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する