ちとから散策

京王線、千歳烏山をテクテク歩いてみました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

廻沢のガスタンク

名所と言えるのか少し考えてしまいましたが、せたがや百景にも選ばれ、何より千歳烏山で育った僕にとって、このガスタンクは紛れも無く、千歳烏山の風景の一部になっています。

      ガスタンクと桜

ガスタンクだけでは、少々無骨に思えたので蘆花恒春園の枝垂桜と一緒の写真にしてみました。

正式な名前は東京ガス世田谷整圧所。直径は約33.7Mで、地上からの高さは36Mもあります。
今でこそ烏山には高層マンションも建ち始めましたが、ガスタンクの出来た昭和31年(1956年)には、これ以上の高さの建物は無かったはずです。

球形のガスタンクを球形ガスホルダーと言い、ガスタンクがこのように球形になったのは、このガスタンクが初めてで、それまでは有水式ガスホルダーと言う茶筒形のものだったそうです。

           ガスタンク1

           ガスタンク2


    ガスタンク南から撮影

また、このガスタンクは、多くの特撮ヒーローものの撮影現場としても良く使われました。僕も実際にウルトラマンエース(タロウだったかも?)の撮影をしている現場を見たことがあります。

せたがや百景の冊子には「巨大な球形のガイタンクもいつの間にか、まちの風景のなかに溶けこんでいく。朝日を浴び、夕日に照らされ、雨霞んで、一の風情さえ帯びてくる。都市風例の中で一際目立つランドマークだ。」と記されています。

住所/世田谷区粕谷1-7

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。