FC2ブログ

ちとから散策

京王線、千歳烏山をテクテク歩いてみました

五年ぶりの高尾山

行き付けのバーのマスター( 高校の同級生ですけど) に誘われて、高尾山に行って来ました。

前回は他の同級生との登山でしたが、その時は朝の早い仕事の友人、今回は夜が遅いバーのマスターとの登山でしたので、昼過ぎに千歳烏山を出発しました。

京王線高尾山口駅に着いたところで、携帯に仕事の連絡が入ってしまったので、久し振りの登山に向かって気合を入れたり、心の準備をする暇もなく、携帯を切った途端に、いきなり急な階段を上り出すはめになってしまいました。

子供の頃から何度も登った高尾山とは言え、登り始めて直ぐに、前回登った時にクタクタにヨレヨレになってやっとの思いで山頂にたどり着いた、苦い記憶がよみがえりました。

しかもマスターのペースの速いこと。

登り始めて5分も経たないうちに、運動不足で足腰が衰えていることも忘れ、誘われるままに前回の地獄の苦しみを忘れて、のこのこやって来てしまった、自分の愚かさを悔やみ始めていました。

景色が綺麗だと評判の稲荷山コースで上ったので、途中で確かに景色の良い展望台もありましたが、写真の一枚すらも撮る余裕はありませんでした。

img_4821-1.jpg

それでも1時間10分程掛かって、やっとの思いで山頂にたどり着いたのは、3時半頃だったでしょうか。

途中、マスターにはバテバテの私を気遣ってくもらい、何度も休んだり立ち止まったりしながらの登山でしたが、パンプレットに書いてあった所要時間よりは早かったので、マスターのペースが如何に早かったかが分かります。

山頂には最近流行りのダイヤモンド富士の写真を撮ろうと、ベストポドションの場所取りをする、我々よりは少し先輩の登山&カメラ愛好家の方々がが沢山陣取っていました。

img_4818-1.jpg

私も何枚も撮ってみましたが、私のデジカメではこの程度。

山頂で蕎麦を食べようかとも考えましたが、きっとビールを飲みたくなるので、お楽しみは下山後にとっておくことにして、30分程休んでから下山開始です。

下りは舗装された道を通ったので、上りと比べると楽なものです。

img_4827-1.jpg

薬王院の境内を散策したり、お土産を眺めながらの楽な下山です。

img_4826-1.jpg

僅かですが、紅葉も楽しめました。

1545408039864-1.jpg

ケーブルカー乗り場近くのムササビ

上りと比べると、楽なのはいいのですが、薬王寺以降は杉の古巨木を眺める位しか楽しみもなく、あっと言う間の下山です。

1545408026319.jpg

ビールも飲んでいないのに、この通り顔が真っ赤です。

IMG_4828_20181222114845053.jpg

夕方なのでケーブルカー乗り場は人もまばらです。

img_4830-1.jpg

まだ開いている店もあったものの、蕎麦屋はもう直ぐ閉店する気配だったので

img_4833-1.jpg

近年、高尾山口駅に併設してオープンした

img_4834-1.jpg

温泉室で汗を流し、ビールと蕎麦を楽しみました。

入浴料は1000円でしたが、施設は綺麗で露天風呂も4つもあり、金額以上の満足感がありました。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する