ちとから散策

京王線、千歳烏山をテクテク歩いてみました

新念仏堂

もう直ぐ人形供養祭がおこなわれる新・念仏堂を紹介しておきましょう。

一昨年の暮、突然解体されてしまった旧・念佛堂
 ・かつての旧・念佛堂は ⇒ ≪こちら≫ をご覧ください。
 ・解体中の旧・念佛堂は ⇒ ≪こちら≫ をご覧ください

去年一年掛けてゆっくりと新念仏堂の工事がすすめられ
 ・建築中の新・念仏堂は ⇒ ≪こちら≫ をご覧ください

見ているこちらが呆れる程のゆっくりとした工事で、秋にやっと本堂が完成し

つい先頃、やっと外構工事も含めた全体工事も終了しました。

新念仏堂①

新念仏堂②

新念仏堂③

新念仏堂⑤

新念仏堂④

新しくて綺麗過ぎるので、当然まだ趣や味わいはありませんが、以前の念仏堂の小屋のような建物に比べると、実に立派な御堂に生まれ変わりました。

新念仏堂⑥

新念仏堂⑦

墓地内の彼方此方に分散していた古い石碑やお地蔵様は、入口を入ってすぐ左側、御堂の向いに設置されました。

新念仏堂⑨

新念仏堂⑧

新念仏堂⑩

PageTop

上祖師谷パンダ公園

  祖師谷公園の東側、上祖師谷3丁目にこんな公園が在るのを御存知でしょうか?

  上祖師谷パンダ公園①
僕はこの公園の名前を上祖師谷公園だと思っていたし、地図にもそう書いてありますが、年期の入ったこの看板見る限り、かなり昔から上祖師谷パンダ公園と呼ばれていたのでしょう。

  上祖師谷パンダ公園②
  年期の入った動物のオブジェの中にもパンダが居ます。

  上祖師谷パンダ公園③

  上祖師谷パンダ公園⑤
  公園の彼方此方にパンダが点在しているのが分かりますね。

  上祖師谷パンダ公園④
  園内には池や藤棚があり

  上祖師谷パンダ公園⑥
  こんな枯倒木のオブジェまで在るんですよ。

  ケヤキの大木が夏には木陰を作り出し、春には桜が綺麗です。 

  桜の頃の写真は ⇒ 《 美しい満開ま桜と少女の銅像 》

PageTop

「砂の器」ゆかりの地

あの松本清張「砂の器」には、千歳烏山近辺の地名が、何回か登場します。

「粕谷の広い国道」「千歳烏山行きのバス」などの他に「千歳船橋駅」も登場します。
中でも一番具体的なのは「祖師谷大蔵駅から広い道を真直ぐ行った明神神社」と言うところでしょう。
駅前通りの祖師谷通りは、決して広い道ではありませんが、真直ぐ烏山方向に歩けば、通りを少し入った所に神明社 ( 祖師谷5丁目 )と言う神社があるのです。
  祖師谷5丁目の神明社①

        祖師谷5丁目の神明社②

明神神社神明社では、上下を逆さまにしているだけです。
上祖師谷にもせたがや百景にも選ばれている、同じ名前の神社が在りますが、文面から察するに、モデルになっているのは祖師谷5丁目の神明社の方だと思います。
小説の中の事件の一つが起こるのは、「明神神社の近くに在る久保邸の離れ」なのですが、住宅地図で探しても、勿論久保邸は存在しませんでした。

また、映画「砂の器」では、設定が変えられているので、千歳烏山近辺の地名は、残念ながら登場いたしません。

PageTop

区立北烏山7丁目公園

  寺町近の朝日生命グランドあとに建ったマンションの一角に、北烏山7丁目公園が出来ました。

  北烏山7丁目公園①
 
  公園自体はご覧のように遊具も少なく、面積も大したことはないのですが

  北烏山7丁目公園②

  10棟以上は在るような、マンションの敷地の周りには、広々とした緑地帯がつくられ

  北烏山7丁目公園③

  北烏山7丁目公園⑥

  その緑地帯には、ゆったりと遊歩道も通っています

  北烏山7丁目公園⑤
 
  所々にストレッチ器具が備え付けられていて、散歩の合間に体を鍛える事も出来るのです。
  マンションの敷地全体が公園のような、緑豊かなマンション群です。 


PageTop

粕谷三丁目辺りの住宅街

  烏山にも、成城や代沢の住宅街に負けないような、素敵な住宅街があります。

  粕谷三丁目辺りの住宅街①
  ここは、都立芦花高校近くの粕谷三丁目辺りの住宅街です

  粕谷三丁目辺りの住宅街②
  豪邸や素敵なデザインの住宅も建ち並んでいます。

PageTop

アトリエクロー

  アトリエクローは、僕が子供のころからある、絵画居室です

  アトリエクロー

  この季節には、イルミネーションも綺麗なんです

インターネットで調べてみると、開校は1964年、東京オリンピックの年ですから、僕の歳と殆ど同じなんですね

子供向けの絵画教室だけでなく、大人を対象にした油絵と水彩画の教室もあるようです

PageTop

給田公園

     区立烏山小学校近くの仙川沿いに、こんなこじんまりとした良い公園が在ります

           給田公園①

           給田公園② 
           小さな公園の割には、そこそこ遊戯がそろっているし

           給田公園③
           トイレも在るので、子供を遊ばせるのにも安心ですね
           枝ぶりのいい大木は桜でしょうか?
           もし桜なら、お花見にも使えそうです


  2010-4-13 追記 

  給田公園の桜

  桜の時期に訪れてみると、木はやっぱり桜でした (2010-4-3 撮影)

PageTop

牟礼橋

烏山と言うには、少し遠いかも知れませんが、寺町を少し北に行った玉川上水人見街道の交わる、三鷹市と杉並区のちょうど境目に在るのが、この牟礼橋です。 

  牟礼橋②
  玉川上水沿いには、今もこんなに立派な巨木が残っています

         牟礼橋①
         まるでトトロの木のような巨木です

  牟礼橋④
  車の通る橋のすぐ横に、古い橋が残っていました

  牟礼橋③
  郷愁を誘うような煉瓦の橋桁がいいですね
 
  牟礼橋⑤
新しい橋から、玉川上水を写してみましたが、あまりの緑の深さに、暗くて川面は撮れてません

  牟礼橋⑥
  この写真はクリックすると拡大します
  JR三鷹駅辺りから、玉川上水沿いを歩いてみるのも、いいかもしれないですね

PageTop

仙川-そのⅢ

  この日は、弁天橋より、もう少し仙川沿いの道を川上にのぼってみることにしました

  仙川Ⅲ①
  弁天橋から2本目の橋から撮った仙川です
  遠くに環境センターが見えてますね

  仙川Ⅲ②
  しばらくは川沿いに道があったのですが、ここで一旦、道は仙川を離れます
  対岸の緑は、環境センターのものだと思います

  仙川Ⅲ③
  東一の橋で再び仙川に戻ることが出来ました
  仙川に掛かっている高架橋は中央高速道路です

  この日の北上はここまでにして、川下の方向を見返してみると
  仙川Ⅲ④
  白鷺が4羽も羽を休めているじゃありませんか!!

  仙川Ⅲ⑤
校成学園幼稚園近くの、みどり橋祖師谷橋の辺りにでも、よく白鷺は見掛けますが、見るのは何時も一羽だけで、4羽も一緒に居るのを見るのは初めてです。

PageTop

仙川遊歩道

  今日は仙川の第二弾仙川遊歩道を紹介しましょう。

  仙川遊歩道③

  仙川遊歩道は甲州街道を渡ったところから、弁天橋迄の間にあります。
  仙川遊歩道①
  柳川橋から休憩所を見る
  写真の中央よりやや左上に見える東屋が休憩所です。

  仙川遊歩道②
  なかなか緑豊かな遊歩道です。

  仙川遊歩道⑤
  川辺の草原には、沢山の雀がいました。
  何かをついばんでいるようです。

  仙川遊歩道④
  弁天橋(仙川駅前通り)から、対岸の都営仙川アパート方向を見る。
  都営八幡山団地の給水塔に似てますね。

PageTop

ススキのある風景

正直言ってちとからと言うには少し無理があり、ちょっと遠出にした方が良いのかも知れないのですが、ちとから散策も少し範囲を広げておかないと、ネタ切れになってしまうので、烏山名所巡りに入れることにしました。

  ススキの野原
調布市と三鷹市が入り組む、仙川沿いの新川1丁目で、こんな素敵な秋の風景を見つけました。

  環境センター  
  後ろの建物は環境センターです。
  
この風景は、僕の作っている別ブログの中の塔の在る風景でも使えそうです。

PageTop

区立芦花小の解体現場

日曜日に芦花小の前を通ってみると、プールと体育館はのあった場所がグランドとして使われていました。

  芦花小初めての姿
昔はこのアングルからは、体育館が邪魔をして見ることは出来なかったので、何か新鮮な感じです。

  芦花小体育館・プール解体
  こちらの写真は、今年6月の体育館とプールの解体中の写真です。

  芦花小・中卒業生の皆さん。
  私たちの母校の姿を見ることが出来るのは、今年限りですよ。

PageTop

区立烏山公園

  北烏山一丁目に、こんないい感じ公園を見つけました

  区立烏山公園②

           区立烏山公園④
        最近の新しい児童公園にある滑り台には、こんなに高いのはありません
        学校にあるような、高い鉄棒だって今では珍しいんじゃないですかね

  区立烏山公園③
  ケヤキもいい感じに成長していますね

  区立烏山公園⑤
  時計や噴水までありますよ

  区立烏山公園⑥
  後方のやたらと高い手摺は変な感じですが、夏場にはありがたい水場です

           区立烏山公園①

           烏山の東の端にあるのに、区立烏山公園って言うんですね
           最近までまったく知らなかったのですが、なかなかいい公園です

           所在地 / 北烏山1-20

PageTop

特集!! 烏山川緑道を行く-⑰

  今回の烏山川緑道を行くでは、国道20号~京王線までを歩きます。

  20号からグローリオ側を見る
  20号を渡り、歩道から烏山川跡を見た写真です。
  グローリオが完成しても、この部分の緑道への整備は行われないのでしょうか?

  グローリオの隣り①
  立ち入れない部分を反対側(旧道側)から見ています。
  フェンスの下に緑地帯が作られています。
  この辺りの様子だと、もしかすると通れるようになるのかもしれないですね。

  グローリオの隣り②
  同じ場所から180°方向転回し旧道側を見る。
  ここからは昔から通れました。

  分かれ目
  この通れる部分と通行出来ない部分の境目は、ちょっと前までこんな感じでした。

  旧甲州街道を渡る
  少し進むと旧甲州街道にぶつかり

  第二千歳湯横
  第二千歳湯のところでクランクします。

  第二千歳湯
  一年前の第二千歳湯

  第二千歳湯辺り
上の二枚の写真は一年ほど前の写真なのですが、先日行ってみると、第二千歳湯はなくなっていました。

  ラルゴが見えてきました
  第二千歳湯横のクランクを抜けると、ラルゴ芦花公園が見えてきます。

  ラルゴ横

  京王線とぶつかる所
  ラルゴの東側を抜けると京王線にぶつかります。

ここで烏山川緑道烏山地区ルートⅠ(東側ルート)は、第16弾の公団芦花団地につながります。

PageTop

烏山神社の例大祭

  もう直ぐ、烏山神社例大祭ですね
  毎年必ず雨が降ると言われていますが、今年の天気はどうでしょうか?

  烏山神社例大祭のお知らせ①

         烏山神社例大祭のお知らせ②
         9月23日(水)に前夜祭
         9月24日(木)に大祭
が行われます

ついでと言うわけではないのですが、給田、上祖師谷、粕谷の神社の例大祭も調べてみました


         六所神社本殿
給田 六所神社 にはポスターのようなものは貼っていませんでしたが、教育委員会の看板には毎年10月6日が例大祭と書いてありました


         上祖師谷神明社例大祭のお知らせ
 
         神明社例大祭のお知らせ
         上祖師谷 神明社 の例大祭は10月3日(土)と10月4日(日) 


         粕谷八幡神社例大祭のお知らせⅠ

         粕谷八幡神社例大祭のお知らせ
    粕谷 八幡神社 は10月11日(日)に宵宮祭、10月12日(月)に大祭式典が行われます

         あなたの氏神さまは何処ですか?

PageTop

念佛堂建て替え工事

去年の12月に、突然解体されてしまった念佛堂の建て替え工事が、ほぼ? 終了したようです

081218解体中  090414建て方①
解体工事 (08-12-18)               建て方 (09-04-14)
090416上棟①  090416上棟②
上棟式 (09-04-16)                上棟式 (09-04-16)

旧念佛堂が解体されたのは、去年の暮れだったにも関わらず、建て方が始まったのは4月に入ってからでした
 
  090821そろそろ完成.
  この写真は8月のお盆明け頃のものですが、建築工事はほぼ終わっています
  手前のクリーム色の建物は、仮設の建物なので、完成後に取り壊されるのだと思います
  本堂は銅板葺きの立派な建物なのですが、グレーの屋根の付属棟は普通の建物です
 
  090909完成
  こちらは今月9日の念仏堂
  既に完成しているようなのですが、落成式のようなものは、まだ行われていません

  昔の念佛堂を見たい方は 【こちら】 をクリックしてください

PageTop

特集!! 烏山川緑道を行く-⑯

前回紹介した、鴨池から始まった烏山川と言われる2本の水路のうち、僕が「ルート-Ⅰ」は、下の地図の中央上部の紫のの辺り(公社久我山住宅から公社北烏山住宅の敷地に入る辺り)で、川の痕跡が無くなってしまい、右下部の紫のの部分迄のルートが不明です。
その間のルートは、地図に描いた2通リが考えられます。
snap_chitosemura_20099393855.jpg

  公社烏山北住宅ルートⅠ① 
こちらはブルーのの部分、地形から考えると、僕はこのルートが有力だと思っているのですが 

  公社烏山北住宅ルートⅠ⑨ 
  赤いの部分には、細いながらも、このような明らかな痕跡があるのです。 

  どちらが正しいルートかを調べるのは、今後の課題にする事として、先に進む事にします。

  公社烏山北住宅ルートⅠ②
  中央高速をくぐると、しばらくは烏山川跡は歩道に利用されていますが

 公社烏山北住宅ルートⅠ③  公社烏山北住宅ルートⅠ④
 この部分は通路にも使われていませんが、柳が植えられていて、なんとなく川っぽい感じです。

  公社烏山北住宅ルートⅠ⑤
  橋の痕跡を発見!  この団地の敷地内の橋は、全てこのデザインです。
 
 公社烏山北住宅ルートⅠ⑥  公社烏山北住宅ルートⅠ⑦
 左の写真にも橋の痕跡があります。     
 右の写真の道路の先には国道20号が見えてきました。 

  公社烏山北住宅ルートⅠ⑧ 
烏山川跡は国道20号にぶつかりますが、20号の向こう側にも烏山川の痕跡らしきものが見ます

PageTop

特集!! 烏山川緑道を行く-⑮

烏山川緑道を行く第14弾迄は、世田谷区役所近辺から公団芦花団地に到るまで、京王線にぶつかるまでの、緑道に整備された部分を紹介してきましたが、この15弾からは、散策する向きを変えて、烏山川の水源と言われる寺町の鴨池から京王線までの、いまだ緑道に整備されていない部分、烏山川跡を紹介していきます。

この範囲は緑道化されていないだけでなく、烏山川の痕跡も殆んどない部分も多いので、まずは地図から御覧ください。

烏山川地図①烏山川地図②
              烏山川地図③烏山川地図④
                             烏山川地図⑤烏山川地図⑥
上の地図はクリックすると拡大します。
  鴨池①
烏山寺町にある、禅宗高源院の鴨池は、烏山川の水源と言われています。

鴨池② 鴨池③
この季節は、水面は蓮で覆われています。   写真の真ん中に鴨が居るのが分かりますか?

左上の地図を見ると、確かに鴨池辺りから、2本の水路が始まっているのが分かります
地図の表記上は、上(ルートⅠ)は川の様に記されていますが、実際はルートⅠ・Ⅱとも今は暗渠になっています。

今日はルートⅠ(地図では上の水路)の、鴨池から公社久我山住宅敷地内で烏山川の痕跡がなくなってしまう所までを紹介します。

鴨池からルートⅠ① 鴨池からルートⅠ②
左の写真の先は鴨池の方向ですが、フェンスがあってこれ以上先には入って行けせん。 
右の写真は、180度向きを変えて、松葉通リ方向(東)を見たもので、この部分も通行不能で、通路にも使われていませんでした。

鴨池からルートⅠ③ 久我山住宅ルートⅠ①
松葉通リから鴨池側方向(西)を見る。      松葉通リから久我山住宅方向(東)を見る。

この辺りの烏山川跡は、緑道に整備されていない上に、通路として通る事も出来ませんが、川の痕跡は残っています。

久我山住宅ルートⅠ② 久我山住宅ルートⅠ③
久我山住宅の敷地内に入っても、しばらくは烏山川の痕跡はあるのですが、右の写真の辺りで突然烏山川の痕跡はなくなってしまいます。
(地図で言うと、上の段右側の地図で、二本あるうちの上の水路が途中でなくなっているのが分かります。)

PageTop

仙川

千歳烏山を語る上で、この仙川も外す事は出来ません?

仙川甲州街道から見る
旧甲州街道に架かる大川橋からみた風景です
仙川は今と違って、僕の子供の頃(30~40年くらい昔)は、ドブ川の様な汚い川だったと思いますが、この辺りにはなんとなく、その頃の面影があるような気がします
(水は綺麗に成ったんですけどね)

仙川春の給田桜
仙川を南下し、烏山小学校を過ぎると、かなり風景が変わります

仙川の鴨
乗り出して良く見ると、や大きなが泳いでいます

仙川春の上祖師谷菜の花
上祖師谷まで下ると、川の両岸には住宅が建ち並んでいます

仙川の白鷺
昔なら、仙川沿いに住みたいとは思わなかったかも知れませんが、今なら窓から白鷺を見ることも出来ます
写真には撮れませんでしたが、この日確かに、白鷺の横をカワセミが飛んで行きました
驚きました

また仙川には、いくつかの可愛らしいデザインの橋が掛っています
仙川宮前橋
烏山小学校正門横の宮前橋

仙川黒橋
その隣の黒橋、 何で黒橋なんでしょう
昔は黒い橋だったのでしょうか?

仙川祖師谷中橋
駒大グランド近くの祖師谷中橋
祖師谷中橋世田谷区の地域風景資産に選ばれています

仙川を更に南下すると、以前に紹介した祖師谷公園です
祖師谷公園を御覧になりたい方は《こちら》をクリックしてください
春の祖師谷公園仙川沿いの桜を御覧になりたい方は《こちら》をクリックしてください

仙川は野川と合流し、最後は二子玉川で多摩川に流れ込みます
いつか二子多摩川までの仙川を、紹介したいと思います

PageTop

世田谷区立 芦花小学校 校舎の建替えが始まります -Ⅷ

  今まで7回に亘って我らが母校「世田谷区立芦花小学校」の校舎の内外を御覧頂きましたが
  最終回では小学校には付き物のあれこれを見てみましょう

  芦花小南校舎3階西手洗場
  南校舎3階西側のトイレと手洗い場 

  芦花小北校舎3階東手洗場
  北校舎3階東側のトイレと手洗い場
  確か昔はジントギ製だった手洗い場ですが、今ではステンレスになっています

  芦花小北校舎3階東トイレ
  北校舎3階東側の男子トイレ

         芦花小消化栓
         消化栓と非常ボタン
       昔は悪戯っ子の格好の悪戯の的でしたが、大人しい今の子もやるんですかね?

  芦花小黒板消し清掃機
  この機械は黒板消しクリーナーとでも言うのでしょうか?
僕は二つの黒板消しをパンパン叩き合わせる方が早くきれいになるような気がするんですけど

  芦花小北校舎3階廊下ダムウエータ゛
  給食を2・3階に上げてくれたダムウェーダー
  1度でいいから中に入ってみたかったです

  芦花小校庭の桜 09-4-6
  小学校には桜が付き物でしょう
  現在取り壊し中の、体育館とプールが後ろに写っています

  芦花小と桜 09-4-6
  もしかするとこの写真が、美しく咲く桜と芦花小を写した最後の写真かもしれません
  
  先日芦花小の前を通ると、とうとう体育館の解体工事が始っていました
  校舎のお別れ階は今年の12月に開かれます

  最後の最後に創立40周年の時に生徒達に配られた下敷きを御覧頂きます

  芦花小創立40航空写真②


  最初の記事に、色々写真やコメントを追加しましたので
  そちらも改めて御覧ください

PageTop

世田谷区立 芦花小学校 校舎の建替えが始まります -Ⅶ

  今日は北校舎の廊下や教室、昇降口を見て、思い出に浸りましょう

  芦花小北校舎2階廊下①
  ここは2階の廊下の写真です
  北校舎の廊下は、北側が柱のない前面の窓なので、実に明るい廊下です

  芦花小北校舎2階廊下②
  北校舎の教室の建具も、昔のままの木製です

  芦花小北校舎3階廊下②
  この写真はたぶん3階の廊下です
  他所の学校で、時々事故の起こる防火シャッターが見えますね

         芦花小北校舎3階廊下①
         雨漏りがあるのか、天井にはシミが出来ています

  芦花小北校舎3階教室
  この写真を見て気が付いたのですが、床の仕上げがPタイルではなく木製に見えます
  でも、たぶんフローリング調のCFシートではないかと思います

  芦花小北校舎東昇降口
  北校舎東側昇降口
  昔は下駄箱の数がもっと多かったし、フタも付いてたと思います

  芦花小北校舎西昇降口
  こちらは北校舎西側昇降口
  1階には給食室があるので、2・3階と違って廊下が暗いですね

PageTop

世田谷区立 芦花小学校 校舎の建替えが始まります -Ⅵ

  今日から、もう直ぐ取り壊される芦花小学校の紹介を再開します

  南校舎は紹介し終わったので、渡り廊下を渡って北校舎へ移動しましょう

  芦花小渡廊下?
  この渡り廊下、小学生の頃は、もっと天井が高く、幅も広い気がしましたが・・・

  芦花小渡廊下?
  北校舎側は、踊り場と繋がるので階段があります

  芦花小\芦花小北校舎西階段?
  北校舎の2階の廊下から、階段室越しに渡り廊下を見る

  芦花小北校舎西階段?
  階段の踊り場には、卒業記念のレリーフ?が飾られています

     芦花小北校舎西階段?        芦花小北校舎東階段?
     北校舎西側階段踊り場                北校舎東側階段3階

         芦花小北校舎東階段②
     この階段の笠木の四角い出っ張りは、いったい何の為に出っ張っているのでしょうか?
         手摺を滑り台代わりに遊ぶのを防止する為ですかね?

PageTop

都営八幡山団地の給水塔

世田谷区立芦花小学校と同様に、もう直ぐ築50年を迎えようとしている都営八幡山団地ですが、
給水塔に仮囲いがされた事から、「とうとう解体されてしまうのか?」と思っていました
団地や給水塔に詳しいでれすけさんの情報では、この八幡山団地の給水塔はマニアの方の中でも特に人気の一品だと言う事なので、解体されてしまうことを特に残念に思っていました

  都営八幡山団地給水塔と歩道橋090520 ①

仮囲いの理由は、どうやら解体する為ではなく、メンテナンス(塗替え)の為の仮囲いだったようです

        都営八幡山団地給水塔と歩道橋090520 ②

        真白に生まれ変わった給水塔が青空に映えてなんとも美しい ・・・

  都営八幡山団地給水塔と歩道橋090520 ③

PageTop

吉実園

        芦花小のシリーズを少しお休みして、今日は祖師谷の吉実園を紹介します 

         吉実園①

    吉実園②

    吉実園③
吉見園の在るのは上祖師谷1-3~4で、せたがや百景に選ばれている六郷田無道もこの辺りです

    恐らく本業は造園業なのだと思いますが
    吉実園④
    この道を通ると、広い敷地の中を鶏が放し飼いになっているので、気になっていました

    吉実園⑤
    でも、最近はいつもオリに入ってるんですよね

    以下は去年の秋に、Kさんが書き込んでくれた口コミ情報です
    TBSの夕方の報道番組で、吉実園を紹介していたそうです

「放し飼いの養鶏で卵がおいしいと評判のこと、近所の人が買いに来ている映像や学校給食でも注文があること、遺伝子組み換えでない素材の飼料を与えていること、東京Xというブランド豚の養豚も評価されていました。
廃材をチップとして豚糞と混ぜ発酵させ匂いがしないことも紹介」


僕は鶏しか見たことはありませんが、どこかに豚君も居るのでしょうか?

PageTop

世田谷区立 芦花小学校 校舎の建替えが始まります -Ⅴ

芦花小の第5弾は、南校舎の普通教室を紹介します

芦花小南校舎2階教室
南校舎2階の教室
少子化の影響で、クラス数が減っているそうですが、机の数も少ないので、一クラスの人数も、昔よりは少ないようです
机と椅子の脚が、テニスボールを履いているのは、消音の為でしょうか?

芦花小南校舎3階教室①
南校舎3階の教室
僕が6年の時に使っていた教室です

芦花小南校舎3階教室②
座っているのは同級生だった僕の奥さんです

芦花小南校舎3階教室③
昔から気になっていたのですが、この壁の下部についている戸は何の為?
風通しを考えたものですかね?

PageTop

世田谷区立 芦花小学校 校舎の建替えが始まります -Ⅳ

  今日は南校舎の2、3階の廊下と特別教室です

  芦花小南校舎2階廊下②

  芦花小南校舎2階廊下③
  2階廊下の写真です
  窓は鋼製サッシからアルミサッシに変わりましたが、1階同様に木製建具は健在です

  芦花小南校舎2階家庭科室
  家庭科室
  2階の西端 ( 芦花中側 ) には家庭科室、東端 ( 都営団地側 ) には図書室があります

  3階に上ります
  芦花小南校舎3階廊下①
  南校舎3階廊下

  3階の特別教室は
  芦花小南校舎3階音楽室
  東端 ( 都営団地側 ) が音楽室
  僕が習ったのは、確かイノベ先生と言う方でした

  芦花小南校舎3階理科室
  西端 ( 芦花中側 ) が理科室です
  この机と椅子、当時の物かはわかりませんが、懐かしい気がしますね

PageTop

世田谷区立 芦花小学校 校舎の建替えが始まります -Ⅲ

今日からは、芦花小の内部を少しずつ紹介します
もちろん芦花小は、僕が「アクトデザイン凛太郎のブログ」のなかの「建物探訪」で紹介しているような、特別な建物ではありません
それでも半世紀と言う永い歳月の中、僕を含めて10000人近い卒業生の思い出の一部になっていることは、間違いありません

  まずは南校舎から

  芦花小南校舎昇降口
  体育館前の昇降口
  生徒数が減っているからか、下駄箱が少ないですね
  それに木製のスノコもありません
  トイレ前の手洗い場は、今はステンレス製のようですが、昔はジントギ仕上げでした

  芦花小南校舎1階①
  この写真は西側の職員や来賓用の昇降口を入った所から、1階の廊下を撮ったものです
  壁の薄緑色は昔からでしたっけ?

  芦花小南校舎1階②
  ここは職員室の前ですね
  木製の建具は当時のものだと思います

                芦花小南校舎西階段①

  芦花小南校舎西階段②

  芦花小南校舎東階段①
  上の2枚は西側階段(1階)で、この写真は東側階段(3階)です
金属製の手摺は昔はありませんでしたが、床や腰壁手摺の笠木は昔懐かしいジントギ仕上げです
  何で階段の床は、他と仕上げが違うのでしょう?
  Pタイルだと、剥がれた時に、引っ掛ると危ないからですかね?

PageTop

世田谷区立 芦花小学校 校舎の建替えが始まります -Ⅱ

  芦花小の第2弾は、校舎の窓から見た、中庭の風景です

  芦花小中庭①
  南校舎3階から見る
僕が通ったのは1968~1974年でしたが、低学年の頃は東校舎は無く、中庭にはプレファブ教室が建てられていました

  校舎の上に、都営八幡山団地の給水塔とルネ烏山が見えています

  芦花小中庭②
  渡り廊下から見る
僕が在校時には、飼育委員だったこともうるので、鶏や矮鶏のいた小屋の掃除もよくやりました
当時の鳥舎は、もう少し東寄りだったと思います

  芦花小中庭③
  北校舎東側階段踊り場から見る
  この時は桜の開花の直前でした
  が咲いていれば、もう少しましな写真になったと思うのですが・・・

PageTop

世田谷区立 芦花小学校 校舎の建替えが始まります -Ⅰ

今年度を最後に、1960年に開校した世田谷区立芦花小学校の校舎は、50歳を前に取り壊され、新しい校舎に生まれ変わることになりました

今年の3月に撮影させて頂いた校舎の写真を中心に、数回に分けて、我が母校である、芦花小学校の特集をしたいと思います

世田谷区立芦花小学校は、1959年(昭和34年)に世田谷区立烏山小学校の分校として設立され、翌1960年(昭和35年)4月1日に、世田谷区立芦花小学校と校名を改称して独立校となります

                 芦花小建設風景 
              芦の間に、建設中の芦花小の校舎が見えます
              校舎の落成式は昭和34年6月27日に行われています
              校歌にもあるヒマラヤ杉を植樹したのもこの当時です

  芦花小建設当時校舎と記念撮影

芦花小最初の校舎は「創立40周年記念誌」の写真を見る限り、現在も使用されている北校舎の東側から各階4教室分の全12室だったと思われます
北校舎西側の階段と階段室両側の教室とトイレはまだありません
40周年記念誌によると、「1~5年の9学級330人」との記述がありますから、2・3階が普通教室で、1階に職員室や特別教室があったのではないでしょうか?

               芦花小建設当時校庭風景

創立40周年記念誌にもあるように、当時は校庭の真ん中に、現在は緑道になっている烏山用水(烏山川)が流れていたと聞いています

  芦花小建設当時航空写真

東京オリンピックの行われた1964年(昭和39年)の写真を見ると、北校舎がほぼ現在の姿となり、南校舎も西側階段室の西側に特別教室が、東側の各階に1教室ずつができ、現在の1/3程度が完成している事が分かります
烏山川も校庭の真ん中ではなく、現在の芦花中のテニスコートの東側に、流れを変えられています
プールは一年前の昭和38年に完成していますが、体育館はまだ在りません
体育館の完成は4年後の昭和43年で、僕が芦花小に入学した年です

  芦花小創立40航空写真
  この航空写真は2000年の創立40周年の時のものです
  当然ですが体育館や東側校舎も完成しています
  芦花中も含めて、現在の形とほぼ同じだと思います

  芦花小外観①
  今年3月末の芦花小の南校舎

  芦花小外観④

  芦花小外観②
  渡り廊下と北校舎

  芦花小外観③
  北校舎の西側昇降口
 
  芦花小外観⑥
  北校舎の廊下はガラス張りなので、とても明るかった印象があります
  校歌にも歌われているヒマラヤ杉も元気です

  芦花小外観⑤
  校舎としては最後に建てられた東校舎 

最も新しい校舎にも関らず、危険と言う事で10年前に子供達が通っている頃は、既に使われていませんでした
恐らく昭和40年台の後半に建てられたとは思うのですが、創立40周年記念誌の「芦花小四十年間のあゆみ」にも、東校舎の竣工時が何時かは記されていません

  芦花小校舎から校庭を見る
  南校舎3階教室から、校庭、体育館、プールを見る
今年3月13日に、お別れ会も開かれたプールと体育館の解体工事は、そろそろ始まるはずです

  ※白黒写真は「創立40周年記念誌」の写真を使用させて頂きました

PageTop

念仏堂の建て方開始

去年の暮れ、突然解体されてしまった、南烏山二丁目の念仏堂跡の、工事が始っています

基礎の工事は1ヶ月くらい前に終っていて、一昨日の13日に土台を設置し、昨日は朝から建て方工事をしていました

      念仏堂建て方①
 
      念仏堂②

      下の写真は今朝のものですが、何故か今日は工事をしていないようです

       どんな建物が建つのでしょうね?

PageTop